息子のディズニープリンセスへの憧れを知ったお母さん、その次に取った行動がさすが

cyl 2020/07/23 告発 コメント

2歳のニクソン・バルガスくんが物心つく前から憧れていたのは、ディズニーのプリンセスたち。ニクソンくんが着られるようにプリンセスの衣装をアレンジした母親が話題になっている。

物心つく前からプリンセスに夢中

 何十年にもわたって多くのファンを魅了してきたディズニープリンセスたちだけれど、アメリカに暮らす2歳のニクソン・バルガスくんも、そんなディズニープリンセスたちに憧れる1人。

 ニクソンくんの母親であるジョリーンが米Insiderに明かしたところによれば、彼がディズニープリンセスに夢中になったのは、なんと物心がつく前からだそう。「この子が9ヶ月か10ヶ月の頃、Netflixであらゆる映画を見ていたのですが、この子は『モアナ』を指差すようになったのです」と、ニクソンくんは1歳にも満たない頃から映画『モアナと伝説の海』の主人公モアナに興味を持ち始めたのだという。「すごく笑えましたよ。だって、いくら他の番組をつけてみても、この子はただ叫ぶだけだったんですから」と母ジョリーン。

 ニクソンくんは言葉を話すようになると、ディズニープリンセスのおもちゃを欲しがるようになったといい、彼のプリンセスに対する思いは、ミート・アンド・グリートで映画『シュガー・ラッシュ』シリーズのヴァネロペに会ったことでさらに強くなったのだそう。

カリフォルニアのディズニーランド・リゾートにある、ディズニープリンセスに会えるアトラクション「ロイヤル・ホール」を訪れた時には、「まるでプリンセスたちのことを知っているかのように近づいていきました」とジョリーンが言うほど、プリンセスたちに夢中だったというニクソンくん。

ニクソンくん用にプリンセスの衣装を作ることに

 そんなニクソンくんは次第に、自分も憧れのプリンセスたちと同じ格好をしたいと思うようになったそう。最初に興味を示したのは映画『アナと雪の女王』シリーズのエルサの衣装だったといい、両親がエルサの衣装を買ってきたところ、エルサと同じような格好はしたかったものの、そのままの「ドレス」は少しだけお気に召さなかったよう。

 そんなニクソンくんを見たジョリーンは、彼のために衣装を修繕してあげることを決意。エルサの衣装のドレスの部分を、「ニクソンくん専用」にスカートを切り離すなどして履きやすくアレンジしてあげたのだそう。彼は自分用に修繕してもらったエルサの衣装を喜んで着てくれたという。

 以来、ジョリーンはニクソンくんのために映画『アナと雪の女王』のアナや、シンデレラの衣装も作っている。

ニクソンくんのプリンセス好きに心ない声も

 ジョリーンがディズニープリンセス好きのニクソンくんのことをTikTokやInstagramにアップすると、たちまち大人気に。とはいえ、多くの人たちから好意的な反応が寄せられている一方で、中には心ない意見をしてくる人たちもいるようで、男の子であるニクソンくんの「プリンセス好き」や、それを容認し、衣装まで着せているジョリーン夫婦の子育てに否定的なコメントも寄せられているのだそう。 

 しかし、ジョリーンはニクソンくんの興味を「制限するつもりはない」として、米Insiderに対し、「自分が望むことや、普通だと思っていることを(子供に)強要してしまうことは、大きな才能を抑圧することにつながってしまう」とコメントして、自分たちに向けられている否定的な意見に反論。

 ニクソンくんがプリンセスを好きなことは「何の問題もないこと」だとした上で、「彼がプリンセスを好きなことが恥ずかしいことだとは思わない。強い女性たちを称賛することはなかなかできることじゃないから」と、ジョリーンは幼いながらにもプリンセスへの愛を全面に出している息子を褒め称えた。

コメント
好きかも