本当は恐ろしいディズニー映画の原作…王子は王女を強姦…鳩に目をくりぬかれた姉妹…

cyl 2020/08/06 告発

本当は恐ろしいディズニー映画の原作

ディズニー映画といえば
美しい姫に爽やかな王子との素敵な恋の物語
老若男女楽しめる映画ですね。

しかし、ディズニー作品の原作である童話は
実はとても残酷で恐ろしいものでした。

女王は少年を誘拐。「アナと雪の女王」

アナと雪の女王は アンデルセン原作の「雪の女王」を原作としている。

オリジナルの雪の女王はかなり長い物語で
カイという少年とゲルダという少女を中心に展開する。

ある冬の日、カイがソリ遊びをするために出かけると
白い毛皮のコートを身にまとう女性の姿をした雪の女王に出会う。

街の外で彼女はカイに2度キスをする。
1度目は寒さを忘れさせるため。

2度目はゲルダと家族を忘れさせるため。

そして3度目のキスをすれば彼は死ぬはずだった。
彼女はカイを宮殿へ連れて行き、
もし「永遠」という言葉を作り出すことができれば、
彼を解放し、スケート靴を渡すと約束した。

一方、心配したゲルダはカイを探しに出かける。
困難な旅の末、宮殿でカイと再開するゲルダ。

彼に近寄り キスをすると愛の力によってカイは救われる
一緒に踊り、踊り終わったとき「永遠」という言葉を唱える。
これで約束通り、雪の女王はカイを開放せざるを得なくなった。

継母殺しの「シンデレラ」

ディズニー映画の中でも人気の高いプリンセスこそシンデレラ。
話の重要な役割を担っている『ガラスの靴』。

原作はグリム兄弟とペローによるものをベースとしている。

グリム兄弟版では魔法使いの代わりに死んだ母親が登場する。
シンデレラが母親と話すため墓地を訪れると、
白鳩が舞踏会に出席するためのドレスと靴を落とす。

以後のあらすじは我々にとっても御馴染みのもので
舞踏会で靴を失くし、王子がその持ち主を探すというものだ。

しかしその展開には陰惨さが漂う。
義姉は母親に命じられ 靴に合うようにナイフで踵(かかと)を切り落とす
王子はそれを見破り、本当の持ち主を見つけ出す。

そして最後の場面、
シンデレラと王子の結婚式では白鳩が義姉の両目をくり抜いてしまうのだ。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません