【驚愕】ラプンツェルトリビア10選!新型コロナで話題の理由とは?(引用元castel)

Hisasi 2020/10/08 告発 コメント

今回は、女子の憧れディズニープリンセス「ラプンツェル」について徹底解説したいと思います!

人気作なだけに、ディズニーファンなら何度も見たことがあるかもしれません。
みなさんはラプンツェルについて、どれくらい知っていますか?

ラプンツェルのプロフィールから、トリビア、最近ネットで噂されているラプンツェルは、昨今のコロナを予想していた?など内容盛りだくさんでご紹介します!

ラプンツェルはディズニー初の3Dで描かれたプリンセスストーリー

ラプンツェルはディズニー初の3Dで描かれるプリンセスストーリー

『塔の上のラプンツェル』は、2010年公開のディズニーアニメーション映画です。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品第50作目の作品で、原作はグリム童話の「Tangled」。

ディズニー映画初の3Dで描かれるプリンセスストーリーなんですよ♪

監督のキーンは当初、ラプンツェルを2Dアニメーションで製作することを望んでいました。

しかし、ディズニー・アニメーション・スタジオ側の要望により3DCGで製作することになったという経緯があります。

そのため、なるべく2Dの手描きの温かみを感じさせる質感を大切に製作されたそうです。

筆者は初めて3D作品を見た時は驚きましたが、なぜか馴染みがあり、見やすいなと思ったのには工夫がされていたんですね!

『塔の上のラプンツェル』のあらすじ

ラプンツェルのあらすじ

ある王国の森の奥深くの塔の上に、「ラプンツェル」という少女が住んでいました。

ラプンツェルは魔法の花の力で、21メートルの長い髪を持っていました。

マザー・ゴーテルの子どもとして育てられ、ゴーテルは毎日のように歌を歌ってラプンツェルの金髪をとき、若さを維持し続けていたのです。

ゴーテルから外に出ることを禁じられていた彼女は、18年間塔に閉じ込められていました。

しかし、毎年自分の誕生日の夜に、空に飛ぶ無数のランタンを見て不思議に思い、外の世界への憧れが強くなっていきます。

そこへ身を隠すため塔に侵入した盗賊のフリン・ライダーが登場。

ラプンツェルは閉じ込められていた塔を抜け出し、フリンと共に冒険の旅に出るのです

ラプンツェルのプロフィール


名前:ラプンツェル
出身:コロナ王国
誕生日:11月24 日
出演映画:塔の上のラプンツェル(2010年)
アナと雪の女王(2014年)

髪の長さ:21メートル
髪の重さ:4.5kg

ラプンツェルトリビア①:ラプンツェルは昨今のコロナを予想していた!?

出典:

ラプンツェルはコロナを予想していた?

みなさんは、「ラプンツェルはコロナを予想していた」という噂を聞いたことがありますか?

ラプンツェルの設定が、新型コロナウイルスが世界的に流行している現在の状況を彷彿させるとして、ネットを中心に話題になっています。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません