知らないと損!?東京ディズニーランドで混雑を避ける32の方法(引用元snaplace)

Hisasi 2020/09/08 告発

東京ディズニーランドは、誰もが夢中になってしまう場所ですが、混雑は避けられません。ディズニーランドでの混雑はしょうがないと思う方にも参考になる裏技から、知って得する情報をお伝えしたいと思います。

せっかく行くなら少しでも空いている日や、アトラクションも楽しみたいですよね?混んでいても楽しめる方法や並ぶ時間が短縮できたらより満喫できますよ。

楽しめる達人になれるように、「東京ディズニーランドの混雑をさける32の方法」をご紹介します。

特に2019年7月23日からディズニーリゾートのようになりました。公式アプリを活用することで有利にディズニーを楽しめます。事前にやっておくべきことや注意点もあるので、ぜひチェックしてみてください。

平日でも混むディズニーランドはシーズンを見極める!

普通のテーマパークならば、平日に訪れれば空いていますが、世界的にも人気を集める東京ディズニーランドは平日だって混んでいます。そこで、ポイントとなるのがパークに行くシーズンです。

例えばイルミネーションが大変美しいクリスマスシーズンは毎日が入場制限と言っていいほどの人気ぶりです。平日休日関わらずパーク内は人!人!!人!!!その雰囲気を楽しむのも良いですが、アトラクションを楽しみたい人は辛いものがありますよね。事前にどんなイベントがあるシーズンかきちんと把握しておきましょう。

人気があるシーズンに自分も行きたいってことはあると思います。しかしやはり激混みで待ち時間はどれも長く、ほとんど待ち時間で1日が終わってしまったなんてことがある人もいるでしょう。もし人気のシーズンやそのイベントに行きたい場合には、なるべくシーズンの中でも比較的空いている平日や雨の日など混雑状況を事前にチェックして予定をたててみましょう。

1.1月にでかける

試験シーズンとして名高いのが1月です。特に大学生は試験期間中であったり、高校生も大学受験やセンター試験前で、なかなか訪れません。
成人式以降から1月下旬までもオススメシーズンになります。

2月以降からは卒業旅行のタイミングに当たってしまうので、注意してください。寒い時期なので、あったかい恰好をして出かけてくださいね。

ディズニーパークは、比較的時間の融通がきく学生が特に足を運びやすいようです。ですので学生が忙しいと思われる時期はとっても狙い目!よって受験シーズンは大変おすすめです!年末年始をずらして休みをとった方が県外から訪れる時期でもありますので、このシーズンにはファミリー層によく出会うかもしれませんね。

クリスマスシーズンやハロウィーンシーズンのディズニーは人気がありますが、年明けのディズニーもイベントが盛りだくさんでいいと思います。人が少なければアトラクションも多く乗れるチャンスですし、パレードやショーも見やすくて満喫できること間違いなしです。

2.混雑カレンダー【非公式】で計画を立てる

あまり知られていないかも知れませんが、非公式のディズニーランド混雑予測カレンダーが存在します。色別で、来場予定者がすぐにわかるので、混雑をさけてディズニーランドに行きたい人は必見です。

また、同時にランドだけでなく公認ホテルの空き状況まで見ることができるんですよ。日祝時はかなり混んでいることが多いですが、平日の中日はあまり混んでおらず、ゆったりと楽しむことができそうです。

【非公式 混雑カレンダー:】

非公式ですが見やすいカレンダーで、とっても便利です!様々なジャンルの方がどんな時期にくるかとても細かく予測されています。このカレンダーの混雑予想日はほとんど当たるんですよ!学生が来れない時期、会社員が忙しくて旅行に来れない時期、逆に人気シーズンで混み合う時期など大変ためになるので、事前に見ておきたいですね!

混雑を予想してあるカレンダーなんて便利ですよね。過去の統計などの情報を元に予想しているものもあり結構当たっているものが多いので愛用している人も多いようです。混雑が予測できれば待ち時間もこわくないですよね。空いた日を狙ってディズニーを満喫しちゃいましょう!

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません