ディズニーランド&ディズニーシーの今年のクリスマス情報が解禁 「ハロニュ」休止のまま終了に悲しみの声も (引用元itmedia)

Hisasi 2020/10/08 告発 コメント

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで、11月10日~12月25日、クリスマス仕様のエンターテイメントプログラムが実施されます。11月2日からはグッズやフードの販売がスタート。クリスマスの気配に喜ぶ一方で、「ハロー、ニューヨーク!」ほか休止のまま終了するプログラムが発表され、ファンの間で悲しみの声が上がっています。

 ハロウィーンと同様、例年のようなスペシャルイベントの実施はないものの、東京ディズニーランドの「ミッキー&フレンズのグリーティングパレード」ではミッキーマウスと仲間たちがサンタクロースに扮(ふん)したコスチュームに、東京ディズニーシーの「ミッキー&フレンズのハーバーグリーティング」ではクリスマスらしい音楽にのせて、ミッキーマウスたちがサンタとともにあいさつをします。

 「東京ディズニーランド・バンド」「東京ディズニーシー・マリタイムバンド」によるクリスマスにちなんだ楽曲の演奏や、園内がリースやイルミネーションで装飾されるなど、園内でクリスマスの気分を味わえそう。クリスマスツリーやサンタ帽子らしい身に着けグッズ、チョコレートチュロスなどのフードも販売されます。

「休止のまま終了」に衝撃走る

 東京ディズニーリゾートは現在、感染対策のためにいくつかのアトラクションやエンターテイメントを休止しています。クリスマスの情報にあわせ、オリエンタルランドは休止のまま終了となるプログラムを発表。東京ディズニーランドでは「ファン・メンテナンス」「ブレイクビート・ダンサーズ」「オーパス・ファイブ」、東京ディズニーシーでは「ハロー、ニューヨーク!」「ダイヤモンド・シスターズ」「ファン・カストーディアル」「ウィンド・ワンダラーズ」が終了することが明かされました。

 中でも2018年から行われていたショー「ハロー、ニューヨーク!」は、ディズニーファンの間で「ハロニュ」の愛称で支持されていました。突然の終了発表に、Twitterでは一時「ハロニュ」「休止のまま終了」がトレンド入りするなど、ファンの間に衝撃が走っています。

「ハロー、ニューヨーク!」のミッキー(編集部撮影)

ニューヨークを舞台に、ミッキーマウスと仲間たちが踊る楽しいショーでした(編集部撮影)

コメント
好きかも