ディズニーオタクの"あるある"が笑える!部屋や言ってはいけないことなど紹介!(引用元:ciatr シアター)

よう 2020/08/31 告発 コメント

1.まずはディズニーオタクについて紹介!

1983年に日本ディズニーランドが開演して33年経過しています。その人気は衰えることを知りません。リピターは親から子へ遺伝して、熱は冷めることがないようです。

ぬいぐるみなどの大量のグッズ購入は当たり前で、パレードの陣取り、キャラクター出没地域と時間の把握、構えるのは一眼レフ。そして、ミッキーがイケメンに見えてきたら本物のディズニーオタクかもしれません。

2.ディズニーマニアに聞くディズニーの魅力とは?

それではディズニーランドがマニアを生み出す魅力とはどこにあるのでしょうか?

夢の詰まったテーマパークを創ったのはウォルト・ディズニー。プロデューサー、実業家、漫画家からアニメーターへ転身したミッキー・マウスの生みの親です。

ウォルト・ディズニーは遊園地で娘が回転木馬に乗っているとき、ポップコーンを食べてベンチに座っている自分に、なぜ、子供達と一緒に遊べないか。なぜ、大人と子供が一緒に遊べるところがないのかと疑問を抱きます。

そんなウォルト・ディズニーは、アメリカ合衆国のカリフォルニア州ロサンゼルス郊外アナハイムに巨大なテーマパークを構想します。1700万ドルを投じて1955年に完成させました。

ウォルト・ディズニーは数々の名言を残していることで知られ、そのひとつをご紹介します。

「夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。いつだって忘れないでほしい。すべて一匹のねずみから始まったということを」

引用:

ウォルト・ディズニーの名言の中には夢というキーワードが含まれているものが多いです。

子供だけではなく、テーマパークを訪れた大人にも夢を見させる目的が当初からあったのかもしれませんね。

では、東京ディズニーランドにはどんな夢が詰まっているのでしょう?

一歩ゲートをくぐると、マニアの話ではディズニーのことしか考えられなくなるらしいです。

アトラクションに並びんで乗り物のスリルを楽しむことが遊園地の楽しみ方ですが、ショーやパレードを見たり、隠れミッキーを探したり、キャラクターのサインをもらったり、楽しみ方も千差万別です。

永遠に完成しないをモットーに掲げ、成長を続けるディズニーランドはマニアでも知らない楽しみ方が、湯水のようにわいてくるのかもしれません。

アトラクションにストーリー性があるのも強みかもしれません。子供の頃から誰もが知っているキャラクターが登場して、映画にちなんだアトラクションもあるため、大人でもすんなり溶け込める要因でしょう。

東京ディズニーランドには時計や鏡が少なく、現実を忘れるための細やかな仕掛けがあります。あくまでお客はゲストであり、ディズニーランドに入った瞬間にショーに参加するゲスト扱いになるわけです。心憎い演出のひとつです。

ファンタジーの世界を肌で実感できるのはディズニーだけかもしれませんね。

3.反対にディズニー嫌いなの意見とは?

世の中にはディズニー嫌いの人は存在します。では、どんな意見が多いのでしょう。 ニュースサイトや書き込みやブログの言葉を拾ってくると、不思議なことに共通した意見が意外と多いです。

「ディズニーマニアに押し付けられる情熱が無理」 「なんで高いお金払って長時間並ばないといけないの?」 「非日常空間が肌に合わない」 「ポップコーンが高すぎ」他にも「ディズニーのキャラクターが嫌い」という意見がありました。

熱狂的なファンがいるチームに必ずアンチが出てくる構図に似ているのかもしれませんね。ですが、ディズニー好きよりも嫌いな意見を探すほうが難しい気がしました。

4.ディズニー好きあるあるが面白い

ディズニー好きが集まると一体どんなあるあるネタが会話から生まれてくるのか、すでにネタと化しているモノをツイッターから集めてみました。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません