知ってる?!ディズニーの夢を与える接客ルール【引用元 monstar】

よう 2020/10/14 告発 コメント

世界一のサービスをするとも言われている、 ディズニーリゾートのサービス。リピーター率は驚異の97%という、まさに「夢の国」を運営するためには、どのような秘密があるのでしょうか?

そこで、海外のサイトから、アメリカのディズニーパークで働く人のための「16の ルール」を見つけました。その内容は基本的な身だしなみのルールから、ジョークのきいたものまでさまざま。

もしかしたら、店舗運営に参考になる情報もあるかもしれません!今回は、その「秘密の16のルール」を紹介します。

ディズニーで働くための16の秘密のルール

1:従業員ではなく「キャスト」と呼ぶ

(出典:)

ディズニーパークでは、働いている人のことを「従業員」ではなく「キャスト」と呼びます。これは、ウォルト・ディズニーの「ディズニーパークではお客さまが映画の世界に入り、一緒に感動を作り上げていきたい」という思いがあるから。

また、スタッフそれぞれに配役を与え、テーマに沿った役割を「演じてほしい」という理由もあり、キャストと呼ぶことにしています。来場者のことは「ゲスト」と呼びます。

2:何でも知っておくこと

ディズニーパークでキャストが「わかりません」と言うことは、決して許されません。もしゲストに答えられない質問を聞かれても、インカムでオペレーターに呼びかけ、答えられるように対処する必要があります。

3:ひげを伸ばすのはNG

すべてのキャストはひげを伸ばすことを禁じられており、きちんと剃る必要があります。

4:髪の毛のルール

ディズニーパークのキャストは、男性の髪の毛は襟足まで、女性は髪の毛をきちんととかし、清潔に整えておく必要があります。また、男女ともに眉毛を剃ってはいけないという決まりもあるそうです。

5:サインを書けるようにしておくこと

引用元:https://monstar.ch/omiselab/store/disney/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも