クラブ33でディナーを食べたよ!場所や服装・料金などレビュー(引用元iscle)

Hisasi 2020/11/11 告発 コメント

「ディズニーには秘密の会員制クラブがあって、一般人が入れない場所がある。」

このようなディズニーの都市伝説の一つとしても伝えられることがある会員制クラブ。このクラブは実在し、その名前は『クラブ33(Club 33)』で「クラブ・サーティースリー」と呼びます。実在はしますが簡単に入ることができないということで、ディズニーファンの中では「入りたい!」という方が非常に多い場所です。

元々はディズニー創設者であるウォルト・ディズニーが客人をもてなすために作ったレストランです。今は会員制クラブのレストランとして、カルフォルニアと東京ディズニーランド内に存在します。

今回、縁あって私もクラブ33へ行くことができディナーを食べてきました。せっかくなので クラブ33の場所や服装・値段、その時の様子などについてお伝えしたいと思います。またクラブ33へ行く方法や入会方法などについても調べてみました。

クラブ33の場所

まず場所についてです。クラブ33はディズニランド内にあります。具体的には園内に入ったすぐにある「ワールドバザール」の三井住友銀行の隣に入り口があります。ドアには「33」と書かれており、このドアの前で記念撮影している人も見かけました。

入り口手前(右側)にインターフォンがありますので、予約者の名前言って入らせてもらいます。いつも鍵がかかっているので予約者以外は入ることができません。

クラブ33の中の様子

中に入ると雰囲気がガラッと変わります。ディズニーランドのワイワイとした雰囲気ではなく、とても落ち着いた大人っぽい雰囲気です。ちょっと緊張します。スタッフの方々の接客はとても素晴らしいものでした。ディズニーと言えばキャストのホスピタリティ等が注目されている場所ですが、クラブ33内のスタッフの接客は格段に上だと思います。

1階が受付となっていて、食事をする場所は2階にあります。写真やビデオを撮ることは問題なく、スタッフの方に何度かカメラを渡して写真を撮ってもらいました。写真もビデオもたくさん撮影したので、それを是非見ていただきたいところでなのですが、残念ながらネット上にアップすることは禁止されています。

「SNSやブログなどにはアップしないでください」と、別々のスタッフに3回も言われました(笑)。秘密の会員制クラブという希少性を守るためだと思います。

2階には クラブ33限定のお土産(グッズ)もいくつか販売されています。例えば「ミッキーとミニーのぬいぐるみセット」「時計」「ハンドタオル」「ティーカップ」「扇子」「ミニバッグ」などです。グッズ内容は時期によって変わるようです。

グッズも購入したのですが、これらを撮影した写真をネットにアップすることも禁止だそうです^^; また、ぬいぐるみをダッフィーのように園内を抱っこして歩くのもダメだと言われました。希少性の高いグッズばかりですが、オークション等で転売するのも NG です。

引用元:https://www.iscle.com/entertainment/disney/club33.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも