東京ディズニーシー、子どもたちがコスチューム姿でお掃除体験 夏休み限定プログラム

cyl 2020/08/12 告発

東京ディズニーシーでは、子どもたちがカストーディアルキャスト(清掃キャスト)の体験をする「カストーディアル・キッズ!」がスタートした。

「カストーディアル・キッズ!」は、東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージの「」に申し込んだ小学生までの子どもたちが、東京ディズニーシーでカストーディアルキャストのコスチュームを着て、おそうじ体験をする夏休み限定のプログラム。

初日となった21日、朝8時の東京ディズニーシーの開園と同時に、カストーディアルの白いコスチュームに着替えた子供たちが、カストーディアルキャストに扮してお掃除体験に参加した。

講師役は現在パークで清掃作業を行っている現役のカストーディアルキャスト。そうじ道具の使い方や、キャストとしてゲストに接する際に気をつけるべきことなどを説明した後、子どもたちはスイーピング(ほうきを使って掃く)作業に挑戦。キッズサイズのトイブルーム(ほうき)を使って、ペットボトルのフタをダストパン(ちりとり)に集める清掃作業にチャレンジした。その後、パークで使用している紙コップやペットボトルなどを使ったごみの分別ゲームを通して、リサイクルの大切さを学び、最後にカストーディアルアートに挑戦。東京ディズニーリゾート30周年を記念して、地面にたくさんの“ハピネス・バルーン”を描いた。

愛知県名古屋市から弟と一緒に参加した村瀬瑠花ちゃん(10歳)は、「バルーンを描けて楽しかったです」とコメント。また、東京三鷹市から兄弟で参加した近藤大輝くん(9歳)は、「リサイクルループの大切さを知りました。この後、トイ・ストーリー・マニア!に乗るのを楽しみにしています!」と話した。

好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません