【衝撃】ディズニーで妊婦さんが迷惑をかける2つの理由!緊急搬送された驚きの話(引用 disneyuramania.com)

rui 2020/09/24 告発 コメント

ディズニーで妊婦さんが迷惑をかけてしまう2つの理由とは?

数年前より“ マタ旅”という言葉がよく聞かれるようになり、

妊娠中でも旅行を楽しむ!という考え方がブームとなってきています。

またその中でも ディズニーは、 「妊娠中でも安心して楽しめる」イメージが大きいようで、

子供を出産する前にどうしてもディズニーに行きたい!という妊婦さんも多いようです。

そんなディズニーで、 妊婦さんが迷惑をかけてしまう理由とは何なのでしょうか?

①妊娠中は、いつ体調が悪くなるか分からない

妊娠中は、安定期に入っていても いつ体調が悪くなるか分かりませんよね。

パーク内を歩いている最中であれば、近くのベンチに座って休む等できるかもしれませんが、

それが万が一、 アトラクションやショーの最中だとしたら…?

キャストさんが近くにいない場合もありますし、

最悪の場合、 アトラクションやショーを中断してしまう…なんて可能性もあるのです。

もちろんキャストさんたちは、万が一の場合の対応も把握していますし、

体調が悪くなった妊婦さんを第一に行動して下さると思います。

でも、そこで途中で中断されてしまった周りのゲストや、対応をするキャストのことを考えると…避けたい事態ですよね。

②緊急搬送された場合、搬送先病院が対応するのが大変

妊娠中のパークで「ゆっくりと過ごそう。」と思っていても、一日中歩くことになりかねませんし、

ディズニーにいるワクワクもあり 心体ともにいつもとは違う状況にいることになります。

また暑かったり寒かったり等 気候にも大きく左右されますよね。

そのため事前に体調を整えてきても、

その分 いつもより体調を崩しやすいのです。

万が一パーク内でいきなり腹痛が…なんて事になった場合、

ディズニーには救護室がありますが医者は常駐していません。

そのため舞浜・浦安周辺の、 いつものかかりつけの病院とは違う病院に行くことになるのです。

これは 病院側からしてもとても大変

特に、ディズニーリゾート周辺にある病院には、ディズニーリゾートから緊急搬送される妊婦さんの数が多く、

その大半が かかりつけでなく、母子手帳さえも持っていない人が半数だそう。

今までの赤ちゃんや妊婦さんの様子や成長の過程等が記録された母子手帳がない状態で、

病院は対応しなければいけないのです。

ディズニーで妊婦さんが緊急搬送された驚きの話とは?緊急搬送されてどうなった?

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも