【ディズニー】年間パスポートをやめて気づいた5つの事「引用 Dishey Colors」

jingwen 2020/09/08 告発

【ディズニー】年間パスポートをやめて気づいた5つの事を紹介します

2017年の4月中旬に所有していた2パーク共通の年間パスポートの有効期限が切れました。

そのタイミングを持って、この1年(予定)はしばし年間パスポートの更新を控えることにしました。

年間パスポートをお休みし始めて約6ヶ月ちょっと。

その間に感じた、年間パスポートをお休みして気がついた事を簡単にまとめてみたいと思います。

年間パスポートを休もうか、辞めようか、悩んでいる方は勿論のこと、TDR卒業をご検討中の方も参考までにどうぞ。

年間パスポートをお休みしてからの心境と行動の変化を書いてみます

タイトルがえらくが大げさですが、年間パスポートをお休みしてからどんな休日を過ごしているのか、心境や行動の変化なども含めて簡単に5つご紹介します。

1,映画を見るようになった

キャプテン・アメリカはMCUのストーリー展開の上では大変重要な人物

1つ目は映画を見るようになった= 「自宅でディズニー関連の旧作映画やMARVEL CINEMATIC UNIVERSE(=以下MCU)作品群を見るようになった」ことです。

MCUについては、GW入る少し前に作品を見始めて、そこから一気に全ての作品群を借り始めて、GWに封切りされた『Guardians of The Galaxy Vol.2(邦題:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス)』は劇場のスクリーンで堪能することが出来ました。

8月封切りの『Spiderman Home Coming (邦題:スパイダーマン・ホームカミング)』も劇場で楽しみました。

11月3日公開の『Thor:Ragnalok (邦題:マイティー・ソー:バトルロイヤル)』も公開が楽しみならないくらいです。

また、アメリカでTV放送していたスピンオフ作品でもある『エージェント・カーター』や『エージェント・オブ・シールド』も鑑賞しては家族共々ハマっております。

自分でも驚くくらい、MCUが好きになりました。

そして今まで知らなくて本当に損した、と後悔するくらい面白い。

今のところは海外に行く予定は来年7月までないのですが、それよりも前に機会があれば、ひとまずは香港ディズニーランドに出かけて、現地でも人気のアトラクションであるアイアンマン・エクスペリエンスやアイアンマンとのグリーティングに行こうと考えているくらいです。

MCU絡みで言えば今年はアナハイムで、来年はパリでそれぞれイベントが開催済み&予定であり、東京ディズニーリゾート以外でも徐々にMCUの世界観がパークに浸透しつつあります。

勿論、機会があれば私がハマったMCUについてご紹介してみたいとも思います。

そして、MCU作品群だけでなく、ちゃんとディズニー映画の旧作を見ることも大切だなと思いました。

何と言ってもディズニーのテーマパークは映画の世界観が随所に散りばめられたテーマパーク。

案外観たようで観ていない作品、みなさんも沢山あるのではないでしょうか。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません