【雨の日のディズニーシー】楽しみ方&持ち物まとめ!おすすめのアトラクションも!【引用CASTEL】

Teng 2020/09/24 告発 コメント

こんにちは!

雨の日のディズニーってテンション下がっちゃいますよね…。
どんより曇り空で、雨具も必要で、外のアトラクションやショー、パレードは中止になる可能性もあります。

筆者を含め、遠方から来園する方は、天気の良い日を選ぶことはできません。
また、現在は新型コロナウイルス対策のため、全てのチケットが事前購入制となっています。

もし雨の日にディズニーシーに行くことになったら…と心配な方、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください!

高確率で雨の日にディズニーシーに行っている筆者が、雨の日ならではの楽しみ方を伝授します♡

雨のディズニーシー:持ち物

雨の日に準備しておくもの

まずは、雨のディズニーシーを楽しむために必要な持ち物をご紹介♡

雨のディズニーシーの持ち物①:雨具

絶対に必要なものが雨具!
雨予報の場合はもちろんですが、降水確率が高い日に来園する際にも持っておくと安心です。

雨具といっても、傘とカッパ、どちらがいいんだろう?と迷う方も多いと思います。

どちらもパーク内で購入可能ですが、家にあるのであれば持参したいですよね。

筆者がおすすめするのはカッパです!

雨具(傘・かっぱ)

パークで販売されている、このポンチョ型カッパを愛用しています♡

傘だと混んでいる時に他のゲストの傘とぶつかってしまったり、アトラクション乗車時に荷物になってしまい、とても不便です。
風が強い日や、強い雨の日はバッグや服が濡れてしまう可能性も…。

また、ディズニーシーは海からの強い風が吹き込む場合もあり、傘が使えないくらいの突風が吹くこともあるんです!

筆者も1度だけ経験があり、傘が壊れてしまったゲストを何人も見かけました。

カッパであればバッグや上半身を覆い隠すことができますし、何より両手を空けることができます。
体温を維持することできますので、風邪予防にも繋がりますよ♪

デメリットとしては、アトラクションによっては室内に入る前でカッパを脱ぐ必要がある点。
スムーズにしまえるように、付属の袋ではなく、大きなビニール袋を何枚か持っておくと便利です!

もし傘を使いたい場合は折り畳み傘を選択するようにしましょう。
折り畳み傘も同様に、付属の袋とビニール袋を用意するとスムーズにバッグに収納できますよ♪

雨のディズニーシーの持ち物②:靴擦れ対策

履き慣れた靴を履いていても、靴の中が雨で濡れてしまうことで靴擦れの危険性が高くなります。

筆者も大雨の日にインパした際、履き慣れたスニーカーでも靴擦れになってしまいました…。
その時は3daysを予定していたのですが、なんと3days初日に大雨に見舞われてしまったんです!

次の日以降は足の裏に大量の絆創膏を貼って耐えました…本当に痛かったです。

靴擦れしてしまった時に備えて、絆創膏は多めに持っておきましょう。
普段から靴擦れを起こしやすい方は、事前に靴擦れしやすい箇所に絆創膏などを貼っておくのもおすすめ♡

キズパワーパッドのような防水加工が施された絆創膏だと、より安心です。

レインブーツなどの雨対策がされた靴で来園するのも1つの手です。
サンダルやパンプス、メッシュ生地の多い靴はなるべく避けるようにしましょう!

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません