海底2万マイルはディズニーシーの人気アトラクション!仕組みや待ち時間は?【TravelNote】

jingwen 2020/09/29 告発 コメント

海底2万マイルはディズニーシーの人気アトラクション!仕組みや待ち時間を紹介します。

ディズニーシーの海底2万マイルについて詳しく紹介!

Photo by 

ディズニーシーにある海底2万マイルは、冒険心とロマン溢れるアトラクションです。小型潜水艇に乗って海底に沈んだ財宝を探すので、絶叫系のアトラクションと違って割とゆっくり乗れます。

今回は海底2万マイルの仕組みや見所、混雑する時間や待ち時間について詳しく解説します。人気のアトラクションを楽しんできて下さい。

海底2万マイルとは?

まずは海底2万マイルがどのようなアトラクションなのか説明します。ディズニーシーのアトラクションは映画作品が元ネタになっているものが多く、海底2万マイルもその1つです。

アトラクションとしての世界観が素晴らしく、何度も足を運ぶ人が続出するなど、いつも新しい発見がある事からも強い人気があります。海底2万マイルの内容について詳しく見ていきましょう。

海をテーマにしたディズニーシーならではの人気アトラクション

海底2万マイルとは元々ジュール・ベルヌ原作の冒険小説であり、1954年にはディズニーの手で実写映画化されました。ディズニーシーにあるアトラクションの方は、この作品にちなんで作られたものです。

ゲストはネモ船長が造った潜水艇型のライドネプチューン号に乗り、アトランティス大陸の財宝を探すのが目的です。窓の部分にはサーチライトが付いていて、日常では体験できない幻想的な世界を楽しめます。

このアトラクションには巨大イカのクラーケンや、水中の環境に適応したと言われるアトランティス人など、見所が豊富です。窓から見える景色にスリルとロマンを感じたまま堪能できるでしょう。

東京ディズニーシーのシンボルでもあるプロメテウス火山は、パーク内のどの場所からでも見ることが...

海底2万マイル混雑&待ち時間とファストパス

海底2万マイルも人気アトラクションの1つなので、混雑する事が予想されます。ディズニーシーのパークではほぼ中央に位置するのでわかりやすいですが、その分ゲストも集まりやすいです。

ここでは海底2万マイルでの混雑や待ち時間、更に「ファストパス」というお得なアトラクション優先入場システムについて紹介します。これらの情報を有効活用し、他の人気アトラクションにもスムーズに入れるようにしましょう。

待ち時間のピークは休日の午前中!

Photo by 

実は海底2万マイルの待ち時間は、週末でもあまり長くはありません。平日・休日ともに30~40分位で、最大でも2時間~2時間30分程度です。

平日だと9時~17時までは待ち時間はほとんど同じですが、休日だと午前中が混雑する傾向にあるようです。そのためお昼が済んだ後や、夕方~夜にかけて来れば待ち時間が短くなるでしょう。

1年を通して混雑するのは3・4月と8月!

Photo by 

海底2万マイルは基本的に待ち時間が短いアトラクションですが、比較的混雑する月があります。それは3月・4月・8月であり、特に3月は一番混雑する月です。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも