必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法(引用元castel)

jingwen 2020/10/15 告発

喧嘩別れはある?ない?ディズニーデート9つのケンカ原因を紹介します。

①長い待ち時間にイライラ

 

 

待ち時間に喧嘩が多い?

ディズニーではアトラクションやショーの待ち時間が2~3時間以上にも及ぶことがあります。
とくに、真夏や真冬のディズニーは待ち時間が長ければ長いほど厳しくなってくるもの。

最初は楽しく待っていられても、だんだん話す会話も尽きてきて、お互い微妙な空気が流れてしまいます。

また女性の場合、お土産物選びや化粧直しに時間がかかることがありますよね。
そんな彼女さんの待ち時間が長くなると、男性は一方的に不満が溜まってしまい喧嘩になりやすいようです。

②お互いを思いやれない

 

 

お互いの思いやりが大事

ディズニーリゾートと言えば、とにかく歩くことが多くなるデートスポットです。
時間が経つにつれ足が痛んできたり、体が疲れてきてしまうもの。

そんなときに「こんな靴履いてくるからだよ」とか、「私はまだ疲れてないのに!」など、相手を気遣えない言葉が喧嘩の元になることも。
相手の知らなかった本性が見えてしまうことで冷めきってしまうこともあるようです。

③金銭感覚の違い

 

 

お金の価値観は大事?

普段のデートではあまりお互いのお金に対する考え方は意識しないものですが、パークで初めてわかってしまうこともあります。

パークではディズニー限定グッズなど魅力的なお土産物が多いですよね。
ディズニー好きの人からすると、購入に抵抗はないですが、とくに興味のない人からするとお金がもったいない!という考え方に。

いつしか「お土産にこんな金額は高すぎる!」という現実的な意見を言われてしまい一気にテンションが下がってしまうことも。
このような金銭感覚のすれ違いから喧嘩に発展するカップルも少なくないようですね。

④おしゃれに気を使い過ぎる

 

 

ディズニーにふさわしい服装とは

ディズニーランド、ディズニーシー、それぞれ東京ドーム約10個分の広さがあると言われています。
大好きな彼氏さんとのデートでは女性はとくにおしゃれをしたいもの。

しかし、いくら身なりに気を遣っても、ディズニーに高いヒールや動きにくい服装で行ってしまうのはご法度です。

その結果、お昼頃には足が疲れて動けなくなってしまい、彼氏に呆れられて大喧嘩・・・なんて悲しい結末も。

ディズニーではおしゃれより動きやすさや疲れにくさを重視した服装で遊びに行くことが先決なのです。

⑤お腹がすいた時に食べられない

 

楽しく遊ぶためにはしっかりお腹を満たそう

人はお腹が空いた状況が一番イライラの頂点になります。

観光地や遊園地デートなら、そこまで並ばずに食べられますが、ディズニーの場合レストランでも混雑するので長時間待たされることがあります。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません