【衝撃】知られざる東京ディズニーランドの秘密5選!

rui 2020/08/17 告発



ディズニーリゾートの1日の電力消費量は57万kwで、これは一般世帯5万世帯分の消費電力とほぼ同等。東京ディズニーリゾートのある千葉県浦安市の世帯数は約7万8千世帯ですから、ディズニーリゾートだけで浦安住民の3分の2相当の電力を消費しているのです。

その電気代を計算してみると、1kwを20円と想定した場合は1日あたり1140万円。30日で3億4200万円、1年で41億6100万円というとんでもない数字に……。




ディズニーリゾートで結婚式を挙げることができるのをご存じの方は多いかもしれませんが、そのお値段はどのくらいかかるかわかりますでしょうか。例えばシンデレラ城で挙式を行い、東京ディズニーランドホテルでの披露宴をセットで行う、1日1組限定のプランですと50名770万円から(2018年3月現在)。ただし 料金に含まれているのはシンデレラ城内での挙式とプラザでの行進、披露宴での席料、料理・飲料代、衣装、オリジナルウエディングケーキなどで、オプション次第では1000万近くかかることもあるそうです。



ディズニーリゾートでの最も高額なおみやげは、シンデレラ城内のショップで売っているスワロフスキーで作られたシンデレラ城で、お値段はなんと514万円! かつてタレントのスザンヌさんが元夫からプロポーズの際にプレゼントしてもらったそうです。ちなみに販売されているガラスの靴はで最も高価なものは37万円代。これならまだプレゼントしやすいかもしれません。



ディズニーランドは現実から離れた夢の国というイメージを崩さないように、外の世界が見えない工夫がされています。リゾート内のホテルもパーク内から見えないように最大12階建てまでと決まっていて、ディズニーランド内しか見ることができません。

また、パーク内では時間を気にせずに夢の国を味わってほしいという理由で、時計は目立たない場所に設置されています。これはキャストに時間を聞いてコミュニケーションを図ってほしいという意図もあるそうです。





ディズニーリゾートでは現実に戻るのを防ぐために、目に付きやすい場所に鏡を置いていないそうです。キャラクターの帽子をかぶったりしてはしゃぐ自分や周りの人の姿を鏡で見ると一瞬で現実に戻ってしまいますよね。

また、洗面所でも手を洗う洗面台の前ではなく、少し離れたところに設置されているのです。これは現実に戻さないという目的のほかに、女性が洗面台の前で化粧直しをして混雑してしまうのを避ける目的もあり、せっかく夢の国にいるのだから、トイレで無駄な時間を過ごさず、パークを楽しんで欲しいという思いも込められているのです。
 

好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません