ディズニーランド、アトラクションの中で隠れて「ある事」をする人への罰則を設ける

cyl 2020/07/23 告発 コメント

アメリカのディズニーワールドが、アトラクションの中で隠れて「ある事」をする人を減らすための新ルールを発表。

ディズニーが発表した「新ルール」とは?

 アメリカのフロリダ州オーランドに広大な敷地を構える、世界最大規模のディズニーリゾート、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下ディズニーワールド)。新型コロナウイルスの影響で今年3月から臨時休園していたディズニーワールドは、現地時間7月11日にマジック・キングダムとアニマル・キングダム、7月15日にエプコットとハリウッド・スタジオの営業を再開した。

 日本の東京ディズニーランド及びディズニーシーと同様に、ディズニーワールドでも、新型コロナウイルスへの感染予防策としてゲストに入園前の体温チェックや、園内でのマスク着用とソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保を義務付けており、万全の対策が取られている。

 しかし、マスクも短時間の着用なら我慢できるかもしれないが、ディズニーワールドではどのゲストも長時間滞在することが予想される。食事をする時以外はずっとマスクをして過ごさなければならないわけだが、気の緩みからマスクを外してしまう人も多い。とくに、アトラクションの中は、暗くて人目につかないことから、ルールを破って勝手に“マスクフリー”の時間を楽しむ人も。

 また、スプラッシュ・マウンテンやスペース・マウンテンなど、一部のアトラクションには乗車中に記念撮影ができる撮影スポットがあるが、マスクをした状態では顔の半分以上が隠れてしまい、肝心の表情がわからないため、“写真を撮る時だけ外しちゃえ!”という人が出てくる可能性もある。

※イメージ写真

 そういった状況を防ぐため、ディズニーワールドはアトラクションの中でマスクを外した人には、罰として「写真を提供しない」と発表。もし、出来上がった写真のなかにマスクを外すなどの安全を妨害するような行為が見受けられた場合、違反をおかしたゲストは写真のダウンロードや購入ができなくなる。

 ちなみに、以前、フロントロウでお伝えしたが、ディズニーワールドでは、マスクなしで過ごすことができる「リラクゼーション・ゾーン」なるものが設けられており、唯一、このエリアにいる時だけはマスクを外すことができる。ただし、新型コロナウイルスに感染した人のなかには、ほとんど体調に変化がない無症状の感染者が一定数いると言われていることから、歓迎する声がある一方で「本当に大丈夫なの?」とその安全性を疑う声もある。

コメント
好きかも