場の空気を懸命に読む犬 いっぽう猫は?『犬と猫どっちも飼ってると』

rui 2020/07/14 告発 コメント

今回のお話は、ソーセージを2本盗んだ罰として、ケージに入れられている猫の場面から始まります。

猫の様子が気になる犬は、松本さんに近寄り…。

空気を読む犬、いっぽう猫は?

猫を許してもらおうと、松本さんにかけ合う犬。その時、お猫様が…。

猫は松本さんの思惑も、犬の心配もよそに、 自力で脱出してしまいました!

空気は読むものではなく、ぶち壊しにいくスタイル…お強い。

場の空気を読んだ振る舞いをする犬も、我が道をゆくお猫様も、それぞれ違った魅力があって素敵ですね!

『犬と猫どっちも飼ってると』単行本が発売中!

講談社からコミック『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』が発売されました。

単行本だけの特別描き下ろしも30ページ収録されています。犬と猫との出会いのエピソードは必見です!

引用元:https://grapee.jp/488738,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

コメント