ディズニー芸人”が教える待たずに遊ぶ方法 【引用 日刊ゲンダイDIGITAL】

jingwen 2020/10/27 告発 コメント

“ディズニー大好き芸人”として、テレビ番組や雑誌で活躍する一方で、家族で出かける芸能人に頼まれてパーク内を案内することも。今回は、そんなディズニーリゾートを知り尽くした執事に、ツウの過ごし方を披露してもらおう。

 千葉県出身の上田さんは、小学校4年生のときに学校の行事で初めてディズニーランドを訪れた。

「パーク内を4人1組で回ったんですが、僕だけはぐれてしまって、泣いていたんです。そこへミッキーの愛犬プルートがやってきて僕の手を取って地面のにおいを嗅ぎながら、みんなのところまで連れて行ってくれたんですよ。それからですね、ハマったのは。大人の目線で考えれば、僕らはみんな体育の授業で使う赤白帽をかぶっていたので、仲間を見つけやすかったと思います。でも、プルートは右往左往して、僕を元気づけながら連れて行ってくれた。おかげで今も一番好きなのはプルートです」

「東京ディズニーリゾートの公式HPには〈今日のパーク情報ページ〉があります。そこには各アトラクションの待ち時間がリアルタイムで表示されるし、ファストパスの発行状況も確認できるので便利。園内でチェックしながら回ると、時間を有効に使えます。


 僕が誰かを案内するときは、『アトラクション重視コース』『パレードコース』『隠れミッキーを探すコース』など7つコースを用意していますが、どのコースを選んでも1カ所で30分以上待たせないことをポリシーにしています。実際に最も多い日は38種類のアトラクションに乗りましたよ」

お土産は朝が一番

 ファストパスを取って、その日の回るコースをなんとなく思い描いたら、次にやるべきはお土産の購入だという。

「お土産売り場は朝が一番すいている時間帯です。ほかのゲストが少ないから、ゆっくり選べます。理想的な流れとしては、最初にファストパスを取ってレストランの予約をして、その次にお土産を買ってロッカーに預けるというパターン。それから朝食を取るのです。だれかを案内するときには、『朝食を抜いてきてください』とお願いしています。最初に食事をしておくと、みんながお昼ご飯を食べている時にアトラクションに乗れるというメリットもある。お腹がすくのは14時半ぐらいになるので、レストランも待たずに入れますよ」


 アトラクションの待ち時間は隠れミッキーを探すといい。

「僕が数えただけで、ランドとシーにはそれぞれ100体ぐらいの隠れミッキーがいます。アトラクションやレストランの行列に並んでいるときに見つけられたりするので、待っている間にクイズもできます。ウッドチャックにある巨大切り株の隠れミッキーは簡単に探せると思います。こっそりキャストさんに教えてもらうのも手です」

撮影はグッズを付けて

 人気のキャラクターと一緒に写真を撮るときもコツがある。


「順番待ちの輪に入れずに諦めてしまうこともあるでしょうが、写真撮影の確率の上がる方法があります。それはカチューシャを着けること。ワンポイントでグッズを着けている人は、彼らにいじられることが多い。とくに、ミッキーが出てきたときにミニーのカチューシャを着けていると、ミッキーのテンションは上がりやすい。ちなみに僕は毎年、自分の年齢と同じ数のキャラクターと写真を撮っています。今年は35歳なので35体撮る予定ですよ」


内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも