とても懐かしい!オープンした頃のディズニーランドは現在とは大違い?!当時に行ったことがある人は?【引用元:hachi8】

よう 2020/11/15 告発 コメント

1983年4月15日、「夢と魔法の王国の扉」がついに日本で開かれました!

当時の午前中は、あいにくの雨でした。しかし、約1万8000人ものゲストがパークを訪れ、華やかなお祝いのイベントが繰り広げられていたのです!

 

ディズニーランドの建設に携わったのは、三井建設、清水建設、竹中建設、そして大成建設の大手ゼネコンの4社でした!東京ディズニーランドの建設費はおよそ1800億円で、当時に建設候補地として選ばれたのは浦安市舞浜の他に、長野県大鹿村、静岡県清水市(現静岡市清水区)、同御殿場市、神奈川県横浜市、同川崎市、千葉県我孫子市、茨城県ひたちなか市などがありました。

チケットに関しては、昔はパスポートの他に「ビッグ10」や、「アトラクション券」「入園券」と呼ばれるチケットがありました。また、東京ディズニーランドの開園当初は、パスポートは平日のみ有効でした。

土・日・祝や連休期間などに入園する場合は、アトラクション1回につき1枚が必要となるアトラクション券と入園券がセットになった「ビッグ10」がありました。入園券の他に、A~Eの5種類のアトラクションチケットがあり、Aは一番安く1枚100円、Eは一番高く400円でした。

チケット毎に乗れるアトラクションは決まっており、カリブの海賊、ジャングルクルーズ、イッツ・ア・スモールワールド、ホーンテッドマンション、スペース・マウンテンなどの人気アトラクションはEチケットがなければ乗れませんでした。

 

開園当初のディズニーランドのテーマランド数は5つありました。

「ワールドバザール、トゥモローランド、ファンタジーランド、ウエスタンランド、アドベンチャーランド」

ディズニーシーはおろか、トゥーンタウンもスターツアーズもビックサンダーマウンテンもない時代で、オープン当時のアトラクションは32、レストラン29、ショップ39でした。

引用元:https://www.hachi8.me/really-nostalgic-disneyland-when/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも