ディズニーシーのアトラクション待ち時間ランキングトップ10

ccr 2020/08/19 告発

ディズニーシーのアトラクションはディズニーランドの子供向けのアトラクションとは違って、

若干大人向けのアトラクションが多いので有名です。

ディズニーシーのアトラクションは待ち時間がけっこう長いのがデメリットだと感じる人も多いのではないでしょうか?

という事で今回は、

ディズニーシーのアトラクションの待ち時間の長いものをランキング形式で紹介していきます!

待ち時間が短いおすすめのアトラクションも一緒に記載していますので是非参考にしてみてくださいね。

10位『フランダーのフライングフィッシュコースター』

アトラクションの概要:小さいミニコースター。待ち時間が短いので、 何度でも乗ることができてお勧めです。

平均待ち時間(混雑時含む):約25分

アトラクションの場所:マーメイドラグーン

9位『ブローフィッシュ・バルーンレース』

アトラクションの概要:トリトンズキングダムの中にあるアトラクションの一つ。待ち時間が短くトリトンズキングダム内にあるアトラクションとの距離が近いため、次のアトラクションに乗るための移動も少なくお勧めです。

平均待ち時間(混雑時含む):約25分

アトラクションの場所:マーメイドラグーン

8位『タートル・トーク』

アトラクションの概要:250人のゲストを一度の公演でいっきに収容するので待ち時間が短くアトラクションを楽しむことができます。

平均待ち時間(混雑時含む):約30分

アトラクションの場所:アメリカンウォーターフロント

7位『アクアトピア』

アトラクションの概要:常にゲストが乗り降りをくり返しているので、すぐに順番がまわってきます。

平均待ち時間(混雑時含む):平日:だいたい30分休日:だいたい40分

アトラクションの場所:ポートディスカバリー

6位『ストームライダー』

アトラクションの概要:タートル・トークと同じく、一度に大人数のゲストを収容することができるのですぐに順番が回ってきます。

平均待ち時間(混雑時含む):平日:だいたい50分休日:だいたい60分

アトラクションの場所:ポートディスカバリー

5位『インディ・ジョーンズ(R)』

アトラクションの概要:アトラクションの乗り物には一台につき何人ずつかでしか乗れないので、混雑時にはかなり並ぶことになります。

平均待ち時間(混雑時含む):平日:だいたい40分休日:だいたい130分

アトラクションの場所:ロストリバーデルタ

4位『タワー・オブ・テラー』

アトラクションの概要:一度のゲストの収容人数が多いにも関わらず、このアトラクションに乗りたいというゲストさんが多いので、かなり並ぶことになります。アトラクションの人気が落ち着いてきたら、待ち時間が短くなるかもしれません。

平均待ち時間(混雑時含む):平日:だいたい90分休日:だいたい130分

アトラクションの場所:アメリカンウォーターフロント

3位『センターオブジアース』

アトラクションの概要:インディージョーンズと同じく、乗り物一台に対し数人ずつしか乗ることができないので、ゲストの数がおおいと、かなりの時間待つことになります。

平均待ち時間(混雑時含む):平日:だいたい90分休日: だいたい130分

アトラクションの場所:ミステリアスアイランド

2位『レイジングスピリッツ』

アトラクションの概要:一度に十二人しか乗れない乗り物にくわえ、センターオブジアースのように一度に何台もの乗り物にゲストを乗せることができないので混むことは必然ですね。

平均待ち時間(混雑時含む):平日:だいたい120分休日:だいたい130分

アトラクションの場所:ロストリバーデルタ

1位『トイ・ストーリー・マニア!』

アトラクションの概要:大人気アニメ『トイ・ストーリー』のアトラクション。おもちゃの銃を使い、点数を稼ぐというのは、ディズニーランドにあるアトラクション『バズライトイアーのアストロブラスター』と似たところがあります。

平均待ち時間(混雑時含む):平日:だいたい140分休日:だいたい170分

アトラクションの場所:アメリカンウォーターフロント

好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません