ディズニーに持ち込みが禁止されているもの!禁止の理由や現状【飲物編】

jingwen 2020/08/17 告発 コメント

1:禁止の理由や現状

まず、ディズニーの公式ウェブサイトでディズニーランドにもディズニーシーにも持ち込みが禁止されているものは、瓶や缶に入った飲み物です。そして、ディズニーシーでは販売もされているアルコールですが、ディズニーランドでもディズニーシーでも持ち込みが禁止がされています。

そして以前は禁止だったにも関わらず持ち込みが黙認されていた水筒やペットボトルに入れた飲み物ですが、少し前にディズニーの公式サイトで持ち込みが正式に可能とされました。

これは近年の酷暑を受けての変更とされています。ディズニーランドやディズニーシー内では飲み物の販売もありますが、最近の暑さではペットボトルなどを持ち歩いてこまめな水分補給をしないと熱中症になりかねません。

脱水症状になるのを防ぐためにも、ペットボトルや水筒を準備して各自しっかりとした水分の管理が求められているということだと考えられます。

2:対応策

対応策としては、飲み物を持ち込みたい場合はペットボトルの飲み物にするか、缶や瓶の飲み物の場合は水筒やペットボトルに移し替えておくことが必要です。夏場には、ペットボトルに入れた飲み物を予め凍らせておくのも冷たい飲み物を確保する一つの手段です。

また、ディズニーランドやディズニーシーの中には飲み物を販売しているワゴンや自動販売機があるので、それを利用するのも可能です。例えば、トゥモローランド内のスペースマウンテン前、ウエスタンランドのペコスビルカフェ横などに自動販売機があります。値段も200円ほどとディズニー内だからといってそこまで高くはありません。

どうでしょうか?ディズニーに行くとき役に立つと幸いです。

コメント
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません