ディズニーに食べ物を持ち込みたい!できるのでしょうか?ディズニーは持ち込み禁止の物は?

jingwen 2020/08/17 告発 コメント

ディズニーに食べ物を持ち込みたい!

人気テーマパークとして不動の地位を誇るディズニーランドとディズニーシー。ただ、入園料もそれなりにしますし、たくさんお土産も買いたいとなると食べ物を持ち込みにして少しでも節約したいと考える方も多いのではないでしょうか。この記事では、ペットボトルやお弁当、おにぎり、パンなどの食べ物持ち込みのルールについてご紹介します。

ディズニーに持ち込みが禁止されているもの【基本編】

1983年の開園以来、夢の国として誰でも一度は行ってみたい場所として大人気のディズニーランド。2001年には少し大人向けのディズニーシーもオープンをし、まずまず数多くの人が訪れる日本随一のテーママークです。そんなディズニーランドとディズニーシーですが、イメージを守るために様々なルールがあることでも有名です。

ハロウィン以外の日には大人はコスプレをしてディズニーに入園できないなど、多くのルールがありますが、持ち込みに関してもルールが設けられており、この記事で取り上げる食べ物関連の持ち込みだけでなく、キャリーバッグやドローンなども持ち込みが禁止です。

どうして食べ物の持ち込みが禁止されるの?

確かに年中混みあっているディズニーランドやディズニーシーにキャリーバッグを持ち込むと、他のお客さんにぶつかったりして危険ですし、ドローンも安全上の理由から持ち込みが禁止されているのは分かります。しかし、どうして持ち込み禁止リストの中に食べ物も含まれるのでしょうか。

実際、1983年にディズニーランドが開園した時にこの食べ物持ち込み禁止のルールを発表すると、お客さんから不満の嵐が起こりました。当時、他の遊園地でこのように食べ物持ち込み禁止を打ち出しているところが少なかったので、ディズニーでも当たり前のように可能になると思われたのでしょうか。

しかし、どれだけ食べ物持ち込み禁止に対する不満が高まっても、ディズニー側はルールの変更をしませんでした。その一番の大きな理由は「ディズニーという夢の国のイメージを守りたいから」です。

確かにディズニーランドに一歩足を踏み入れた瞬間から夢の国で過ごす楽しい時間が演出されています。そんな中で、シンデレラ城の前でビニールシートを広げてお弁当を食べている人がいると急に現実の世界に引き戻されてしまうでしょう。

また、安全上の理由もあります。食べ物の持ち込みが可能な状況で、万が一食中毒が発生してしまったら原因の特定が大変です。ディズニーランド内の食べ物で問題があったのか、それとも持ち込みの食べ物に問題があったのかの追求をしなければならなくなります。

手荷物検査がある

ディズニーランドやディズニーシーに一度でも行ったことがある方は記憶にあるかもしせませんが、両パークとも入園する時に手荷物検査が行われます。この手荷物検査の一番の目的は安全面ですので、危険物を持っていないかを確認されます。

そしてもちろん、ディズニーに持ち込みが禁止されている食べ物についてもチェックが行われます。ただし、飛行機に乗る時のような厳重な検査ではなく、鞄の上から手で触って危険物がないかどうか確かめたり、少し中を覗いたりする程度です。

ピクニックエリアでは飲食自由

それではディズニーランドに行く時にはペットボトルやお弁当、おにぎりなどを持参して、手作りのランチを楽しむことは全く出来ないのかというとそうではありません。ディズニーランドにもディズニーシーにも、園外すぐのところにベンチやテーブルのあるピクニックエリアが設けてあります。

ここでは、各自持参したお弁当やパン、おにぎりなどを自由に食べることができます。禁止されている項目もありませんので、各自節度のある範囲であれば、自由にメニューを考えることができます。

知りましたか?

引用元:https://travel-noted.jp/posts/24114,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

コメント
好きかも