【ディズニー人気アトラクションの裏話7選】元キャストから聞いちゃった

Teng 2020/08/25 告発 コメント

【ディズニーランド】

1.ビックサンダーマウンテンは無人列車⁉

かつて炭鉱として栄えた山を

列車に乗って勢いよく走り抜けるアトラクション、
ビックサンダーマウンテン
舞台は1840年代、ゴールドラッシュ時代の
カリフォルニアです。
鉱山には、一攫千金を夢見て
多くの人がやってきました。

しかしある日、発掘作業でダイナマイトが使われます。
その爆発音を聞いた原住民たちは、
山の神の祟りだと恐れ
ビックサンダーマウンテン」 と呼ぶようになりました。
そして廃坑となった現在でも、
無人の暴走列車が走り続けており、
それに私たちは乗っているんだとか。

2.スプラッシュマウンテンはアライグマの仕業⁉

丸太のボートに乗って滝つぼに一気に落ちていく、

スプラッシュマウンテン
舞台は動物たちが暮らす、 クリッターカントリー
ある日、アライグマのラケッティが
こっそり密造酒を作っている際に
爆破事故を起こしてしまい、
ビーバーブラザーズの作ったダムを崩壊。
山から水があふれだします。
そこから「 スプラッシュマウンテン」と
呼ばれるようになったんだとか。

スプラッシュマウンテンの元凶とも言える

引用元:https://travelzaurus.com/disney_story7/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも