【わかるの!?】魚に寂しさを感じさせないために水族館がネットフリックスを見せる(引用元 edmm)

Hisasi 2020/08/06 告発 コメント

お魚も楽しめるネトフリ!

コロナの影響で、大手配信サービスの Netflix(ネットフリックス)を利用し始めたという方もいらっしゃるのではないだろうか。

豊富な配信コンテンツが人々に人気を呼んでいるが、なんと お魚も楽しめるようになっているんだとか。

この試みを行っているのは、イギリス・ブライトンにある「Sea life brighton」。ここで飼育されている黒いお魚、 クイーン・ゲイリー3世は、好奇心旺盛な賢い魚なのだという。ちなみに性別は不明らしい。

ところが、新型コロナウイルスの影響で水族館は閉館中。ゲイリー3世がさみしそうにしているのを感じ取ったスタッフは、なんとネットフリックスを見せることに決めたのだという。

好きな番組は、ドラァグクイーンのリアリティ番組「ル・ポールのドラァグ・レース」。ド派手でカラフルな画面がゲイリーのお気に入りなんだとか。

英デイリーメールの取材では、スタッフはこのように語っている。

「私たちは飼育している全ての動物に深く考慮し、常にケアを提供できるように努めています。
テレビ画面を設置して、お客さんがセンターに来られない時にもゲイリーを楽しませています。
最初、ゲイリーが私と同じくらいル・ポールの番組が好きだということにとても驚きました。ですが、とてもカラフルで動きが多く、実在の人物が動いているので、完全に理にかなっていますね。」

番組には複数のドラァグクイーンが登場するが、ゲイリーが画面に釘付けになるときは、必ずママルーという出演者がでているとのこと。過去にはファインディングニモを見せたこともあるというが、お気に召さなかったそうだ。

7月4日に水族館は営業を再開する予定だというが、ゲイリーの監視は引き続き続くといい、また元気がなくなったら再開する可能性があるという。

ゲイリー3世は、 タマカイという世界最大級のハタの仲間。全長190センチメートルまで成長する大型のハタの仲間で、高い知能を持つお魚だ。日本でも、大阪の海遊館や沖縄の美ら海水族館でも展示されている。

参照元:、

コメント
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません