ディズニーランドの木箱が撤去された理由は?再開はある?ディズニーでのマナーについて(引用元castel)

Hisasi 2020/09/18 告発 コメント

今回は、ディズニーランドのトゥーンタウンにあった「木箱」についてご説明していきます。
この木箱が撤去されたことが話題となりました。

なぜ人気のフォトスポットでもあったこの木箱が姿を消すことになったのか、再開はあるのかなど気になる情報をシェアしていきたいと思います。
同時に、ディズニーで楽しく遊ぶためのマナーについて考えてみましょう。

 

ディズニーランドの木箱とは

トゥーンタウンにあった木箱

こちらがディズニーランドのトゥーンタウンに飾られていた木箱です。
若者の間では人気のフォトスポットなっていたこの場所。
この木箱は単なる装飾物ではなく、音の鳴るおもちゃとなっています。

箱についている取っ手を引っ張ると、箱の中から動物のような鳴き声が聞こえてくる仕組み。
もともとは子供たちの遊び場として親しまれていた場所なのです。

ディズニーランドの木箱:【マナー違反?】木箱に乗って写真撮影をするゲストたち

インスタ映えスポットに

本来は子どもたちが遊ぶための木箱。

いつからか『インスタ映えする写真が撮れる』と若者に人気のフォトスポットとなっていきました。
写真撮影をして楽しむことは決して悪いことではありません。

しかし「登らないでマーク」がある木箱の上に乗って撮影をすることはマナー違反。
開けて音を聞いて楽しむ木箱本来の楽しみ方ではないですよね。

子供たちが遊べなくなったり、木箱が壊れてしまう危険すらあります。

ディズニーランドの木箱:撤去された理由は?

ついに木箱がなくなってしまった

マナーに違反する写真撮影には度々批判の声が上がっていましたが、2018年11月に木箱は撤去されてしまいました。
撤去された理由としては「安全性の向上を目的とした修繕や改修の一環」と発表されています。
今のところ完全撤去というわけでなく、メンテナンス、リニューアルといったところでしょうか。

木箱にはかなりのダメージが確認されていました。
たくさんのゲストが木箱に乗ったことがダメージの加速につながったとも考えられます。

ディズニーランドの木箱:なぜマナー違反が相次いだのか?

ディズニーなら何をしてもOK?

批判がありながらも、木箱コーナーでマナーに違反する写真撮影がなくならなかったのはどうしてでしょうか。

理由①:インスタ映えする写真が撮りたい

先ほども触れましたが、インスタ映えする写真が撮りたいがために若者が木箱の周りに集まっている状況でした。
木箱には「登らないでマーク」が確かにありましたが、「他の人も写真撮っているしいいか」という認識になっていたことも考えられます。

理由②:木箱本来の楽しみ方を知らない

本来子供が遊ぶための木箱、ということをそもそも知らないゲストも多かったのではないでしょうか。
単なるフォトスポットだと思っていたがために、マナー違反という意識すらなかったのかもしれません。

引用元:https://castel.jp/p/3572,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも