【ディズニー】都市伝説&怖い噂10選!ディズニー映画やキャラクターにまつわる噂まとめ!(引用元castel)

Hisasi 2020/09/29 告発 コメント

今回はディズニーリゾートにまつわる怖い噂や都市伝説をご紹介!

パークに一歩足を踏み入れればそこは現実世界とはかけ離れた夢の国が広がっています。
子どもから大人まで大人気のディズニーリゾートには、数えきれないほどの不思議で奇妙な都市伝説が存在することをご存知でしょうか?

「夢を壊されたくない!」という方も、ディズニーの不思議すぎる都市伝説をまとめてみました。

ディズニー都市伝説①:タワー・オブ・テラー

タワー・オブ・テラーの都市伝説

ディズニーリゾートで1番スリルがあると言われる「タワー・オブ・テラー」。
タワー・オブ・テラーの怖さはアトラクションのスリルだけではありません。

アトラクションでは、エレベーターが上昇する場面で「この世の自分に別れを告げるのだ・・・」というアナウンスと共に目の前に鏡が現れる仕掛けがあります。
本来ならばそこには自分しか映らないはずですが、稀に本物の幽霊が映り込んでしまう怪奇現象が起こると言われています。

ディズニー都市伝説②:カリブの海賊

カリブの海賊の都市伝説

ディズニーランドの開園当初からある人気アトラクション「カリブの海賊」。
ボートに乗って荒くれ者の海賊たちを見てまわるアトラクションですが、ある場所に亡くなった人を供養するための「白い花」が飾られているそうです。

なぜ、アトラクション内に供養の花が置いてあるのでしょうか。
実はカリブの海賊では度々、女性や男性の幽霊が現れると言われています。

カリブの海賊に未練を残した霊を供養するため白い花をお供えしているそうです。

ディズニー都市伝説③:トムソーヤ島の謎の石

トムソーヤ島の都市伝説

丸太のいかだに乗って冒険が楽しめるトムソーヤ島。
子供から大人まで楽しめるトムソーヤ島には、他の石とは雰囲気が違う不思議な石が置いてあると言われています。

石を見つけたキャストは別の場所に処分するのですが、必ずトムソーヤ島に戻ってきてしまうのだとか。
トムソーヤ島に出かけたらぜひ不思議な石を見つけてみてくださいね。

ディズニー都市伝説④:ホーンテッドマンション

ホーンテッドマンションの都市伝説

999人の亡霊たちが住みつく不気味な館「ホーンテッドマンション」。

ゴーストライターが住みつく本棚の後に、長く続く赤い廊下が出てきます。
この不気味な廊下には、本来いるはずもない幽霊が出ると噂されています。

時にはピノキオを抱いた男の子が、またある時はこちらをじっと見ている女の子が、そして白い服を着た女性の霊が見えるという噂も。
もちろんホーンテッドマンションにはそんな演出は一切ありません。

おばけ屋敷は昔から幽霊が集まりやすい場所と言われているため、もしかしたら本物の幽霊が見えてしまう人もいるのかもしれませんね。

ディズニー都市伝説⑤:ビッグサンダー・マウンテン

ビッグサンダー・マウンテンの都市伝説

1880年代の廃鉱をかけ巡る鉱山列車をモチーフにした絶叫アトラクション「ビッグサンダー・マウンテン」。
最近ではほとんどありませんが、10年以上前のビッグサンダー・マウンテンは頻繁に緊急点検が行われていたそうです。

ゲストには機械上の故障と伝えられていましたが、 本当の理由は度々監視カメラに小さな男の子の手を引く女性の姿が映し出されていたそうです。
すぐに親子を確認しに行ったキャストたちは誰1人子供や女性の姿を見たことはないのだとか・・・。

ディズニー都市伝説⑥:ミッキーの指の数

ミッキーにまつわる都市伝説

世界中で愛されるミッキーマウス。
ミッキーの指が4本しかないのは知っている方も多いと思います。

一般的に考えると5本ないとおかしい話ですが、なぜミッキーの指は4本になってしまったのでしょうか?
実は、ミッキー誕生当時の指は5本の設定だったそうです。

ところがミッキーが主役のアニメ制作をしていた際、まだ映像技術が現在のように進んでいなかったことから5本指が6本指に見えてしまうトラブルが起こってしまったのです。
さすがに子供たちから気味悪がられると思った制作陣は、急遽ミッキーの指を4本という設定に変えました。

ディズニー都市伝説⑦:アナとエルサの隠された秘密

アナと雪の女王にまつわる都市伝説

世界中で大ヒットなった映画『アナと雪の女王』。
実は映画のあるシーンについてファンをざわつかせる都心伝説があります。

引用元:https://castel.jp/p/2554,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも