車がラク!東京ディズニーランド/ディズニーシーに車で行くべき5つの理由とメリット(引用元castel)

Hisasi 2020/09/29 告発 コメント

今回は東京ディズニーランド/ディズニーシーへ車で行くべき5つの理由とそのメリットをご紹介します。

筆者は東京ディズニーリゾートまで電車でも行ける距離に住んでいるので、大人だけで行くなら電車です。
でも、子連れで行く時は絶対車派!

その理由や根拠、車の方がいいメリットについて解説していきますね。

ディズニーランド/シーに車で行くべき理由①到着時間が自由に選べる

京葉線東京駅丸の内口

車で行く1つ目の大きなメリットは、朝早めにパークに到着できることです。

朝4時55分に東京駅を出発する始発電車が、ディズニー最寄りの舞浜駅に到着するのは5時11分。

しかし、住んでいる場所によっては始発を使っても舞浜に到着できるのが6時台・7時台になってしまう人もいるでしょう。

その点、車ならば舞浜への到着時刻を自由に設定できます。
パークの駐車場は平日5時~6時頃、休日4時~5時頃にオープンします。
また、オープン前の待機場所も用意されているので、早めに着いて車中で仮眠ということもできます。

さらに公式ホテルの宿泊者なら、宿泊当日の午前0時から駐車場に入れるので実質的な車中泊もできます。
パークオープンの前に並び、オープンと同時に思い切り遊ぶことができますよ。

ディズニーランド/シーに車で行くべき理由②車を降りてからエントランスまでの移動が楽

ディズニーランドの駐車場

東京ディズニーシーのメインの公式駐車場は、ディズニーリゾートラインの東京ディズニーシー駅裏にある立体駐車場です。
電車でディズニーシーに行くとなるとまず舞浜駅で降り、もう一度ディズニーリゾートラインに乗り換える必要があります。

その点、車で行き立体駐車場に駐車できればパークエントランスはすぐそこ。
リゾートラインに乗る時間や乗車賃が不要な上に、パークエントランスにかなり近い場所に駐車できます。

東京ディズニーランドも2019年7月に立体駐車場が増設され、まず2棟の立体駐車場に案内されます。
こちらの駐車場もパークエントランスに比較的近いため、車を降りてからエントランスまでさほど歩きません。

立体駐車場内はエレベーターやエスカレーターも整備されているので、ベビーカーや車イスでも利用しやすい作りになっています。

また、立体駐車場からパークエントランスまでは坂もありません。
荷物+疲れて寝てしまった子供を抱っこでも、そこまでつらくないですよ。

ディズニーランド/シーに車で行くべき理由③悪天候の日でもアクセスできる

舞浜駅

東京ディズニーリゾートの最寄り駅であるJR舞浜駅に乗り入れているのは、JR京葉線です。
実はこの京葉線、海沿いの線路を走行するために強風に弱いという弱点があります。

強風の日には安全のため速度を落として運行=遅延が発生したり、最悪の場合は運休もありえます。

JR京葉線が遅延・運休となる基準は次の通りです。

●風速25m以上:徐行(速度を落として)運転、遅延発生
●風速30m以上:運転中止

台風や爆弾低気圧が接近している日だけでなく、晴れていても風が強ければ電車の運行に支障が出る可能性があります。
電車が止まってしまったら、舞浜まで行くのはバスかタクシー、または車しかありません。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません