プロメテウス火山はディズニーシーのシンボル!仕組みや構造をリサーチ!【TravelNote】

jingwen 2020/09/29 告発 コメント

プロメテウス火山はディズニーシーのシンボル!仕組みや構造をリサーチを紹介します。

プロメテウス火山はディズニーシーのシンボル!

Photo by 

プロメテウス火山は、東京ディズニーシーにあるシンボル的な存在です。東京ディズニーシーの中央にそびえ立っている大きな火山となります。

東京ディズニーシーのどのエリアからでも、見渡すことができます。そんなプロメテウス火山についてチェックしましょう。

噴火の仕組みや構造もご紹介!

東京ディズニーシーにあるプロメテウス火山は、見る場所によって火山の雰囲気が変わるのが特徴となります。

東京ディズニーシーの開園からあったプロメテウス火山の噴火の仕組みやモデルなどを合わせてご紹介します。

ディズニーシーを楽しむためのおすすめの情報や、知っていると得する楽しみ方、裏ワザの情報をご紹...

プロメテウス火山とは

プロメテウス火山は、人口岩で全て作られています。本物の岩を使用すると、時間や費用が掛かってしまうため、人口岩を使用しているようです。プロメテウス火山は、海底で噴火を繰り返し誕生したというストーリーがあります。そのストーリーを感じることが出来る場所は、地層です。


プロメテウス火山の地層は、本物の火山と同じように細かい部分まで再現されています。まるでバームクーヘンのような地層がある場所は、海底火山が起き地層と火山灰が積み重なった地層が表現されています。

東京ディズニーシーのシンボルでもあるプロメテウス火山のモデルとなった火山や、名前の由来などをチェックしましょう。

プロメテウス火山の名前の由来

プロメテウス火山の名前の由来は、「プロメーテウス」と呼ばれるギリシア神話に登場する男神の名前からとられています。プロメーテウスは、ティーターンの一柱となります。ギリシア神話に登場するイーアペトスの子供で、デウカリオーンの父親です。


プロメーテウスと呼ばれる男神は、ゼウスの反対を押し切って人間に火を与えた存在として知られています。火をオオウイキョウの茎の中に入れて、火を盗み出したという逸話まであります。プロメテウス火山の由来は、火を人間に与えたプロメーテウスからきています。

プロメテウス火山のモデル

東京ディズニーシーのシンボルでもあるプロメテウス火山のモデルは、ヴェスヴィオ山です。ヴェスヴィオ山は、イタリアのカンパニア州にある火山がモデルです。ナポリから東へ約9キロのナポロの湾岸沿いにあります。モデルになったヴェスヴィオ山は紀元前73年に、剣闘士であるスパルタクスが仲間とともに立てこもった火山とも呼ばれています。


プロメテウス火山のモデルでもあるヴェスヴィオ山は、標高1281メートルの火山です。紀元前217年頃に大きな噴火を起こしていますが、近年は1944年頃に噴火しています。ヴェスヴィオ山は、ナポリの富士山とも呼ばれているシンボル的な火山となります。

プロメテウス火山の構造と噴火の仕組み

東京ディズニーシーのシンボルでもあるプロメテウス火山は、ポホイホイ溶岩と呼ばれる溶岩が忠実に再現されています。ポホイホイ溶岩は、マグマは冷えて固まったもので、滑らかな表面の溶岩となります。本物のポホイホイ溶岩は光沢がありますが、その光沢まで再現されています。


プロメテウス火山は、火山の内部に火山ガスが抜けたことで出来る、気泡なども再現されています。プロメテウス火山の構造や噴火の仕組みなどをチェックしましょう。

プロメテウス火山の構造

プロメテウス火山の構造は、二つの火山の複合体となります。構造は東京ディズニーシーの北に位置しているドーナツ状の火山と、南の円錐状の火山の二つの火山で出来ています。緻密に火山構造を再現しているので、火山に詳しい方でも愉しむことができます。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも