【完全版】ディズニーに持って行くべき物と必要ない物。持ち物チェックリストを公開

jingwen 2020/08/27 告発 コメント

楽しいディズニーランドやディズニーシー。しかしながら楽しい気持ちばかりが優先して、忘れ物をしてしまうと大変なもの、無いと困るもの等も、もちろんたくさんあります。

パスポートチケットや携帯電話、お財布、クレジットカードなどはここで改めて言うまでもありませんが、それに加えて、季節や時期応じた用意を整えるのもいろいろ重要です。

また、帰りのおみやげや、宿泊で行く場合は荷物も多くなります。できるだけ小さくコンパクトが基本。今回はこのディズニーリゾートに持っていく荷物について、「効率的な考え方」について触れていきます。

季節で変わる持参品。できるだけ軽く、小さくが基本!

いろいろ必要な準備品ですが、よくあるディズニー攻略系サイトでは「あれもこれもあると便利…」と書いてある事が多いですが、実際にパークを訪れる人の交通手段は車・電車・飛行機…と様々です。

特に遠方から電車や飛行機で訪れる方々にとってはできるだけ荷物は減らしたいもの。逆に言えば、自家用車で来られる方はとりあえず必要そうなモノを多めに持っていっても構いませんよね。

そのあたりを踏まえながら、それは「本当に絶対必要なのか」と言う観点から整理するもの重要です。

例えば家族やカップルで宿泊で行く場合、「旅行かばんを人数分」というのが基本的だと思いますが、「大き目のひとつ」にしてしまう…というのも意外に効果的です。

また、いろいろ移動を伴うパーク。「パーク移動用の荷物」と、「宿泊に必要な荷物」を最初から分けて準備しておくのも効果的です。

特に帰りにはおみやげが大きくなりがち。それが入るスペースを確保しておく事が必要ですが、最初から帰りの荷物は送ってしまうと言う事も決めておくのも得策です。

目的に応じて荷物を調整!ショーを見ないならレジャーシートは不要!

まず、荷物を準備する上で、ご自身に最初に確認していただきたい事は、ディズニーリゾートでの行動予定。簡単に言えば、「 何を目的とするのか」です。

これによって、持ち物もだいぶ変わってきます。一番影響が大きいのは、開園前にゲート前で「入園待ち」をするのか、「ショーやパレード待ち」をするのかどうか。

もしパークでの予定が、アトラクションがメインで、これらの「座って長い時間待つ予定がない」という場合はレジャーシートや冬場のブランケットなどは不要と考えていいと思います。

逆に長い時間ショー等を待つ予定である場合は、「レジャーシート」や、冬は「ブランケット」、「防寒着」、さらには「暇つぶしのゲームやグッズなど」で当然荷物は増えていきます。

前述のとおり、車で来られた場合はとりあえず荷物は多めに持ってきて、開園間際やショー待ちの必要に応じて車に取りに行ったり、戻しに行けばいいのですが、電車などで来られる場合はそれができないのが困りどころ。

こうした場合はコインロッカーを利用するのが手です。コインロッカーは各パークのエントランス周辺に多く用意されています。ただ、こちらは数に限りがあり、混雑時はいっぱいになる事もあります。さらに有料ですので、出し入れするごとにお金がかかる事にも要注意です。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも