ミッキーマウスの顔・フェイスが変わる?衝撃の顔の歴史・変化を初期から最新まで比較紹介!(引用元:disneylife)

cyl 2020/10/27 告発 コメント

誕生から90周年を迎えた今でも、世界のトップスターであり続けるミッキーマウス。

そんなミッキーの顔が、時代と共に少しずつ変わっていることをご存じでしょうか。

特にデビュー当時のミッキーの姿は、今のミッキーとはまったく違う姿なのでかなり衝撃的です。

また、今わたしたちが慣れ親しんているミッキーの顔が今後変わってしまうとの噂も…。

今回はそんなミッキーマウスの顔・フェイスの変化の歴史を、初期のころから最新モデルまで一挙に公開いたします。

比較してみてみると面白いのでぜひ最後までお読みください。

ちなみに、ね。

ディズニーランドもディズニーシーも一斉にミッキーの顔が変わったのでになりました。

ミッキーマウスの顔・フェイスの歴史・変化・比較!1934年当時

カリフォルニアにあるディズニーランド・リゾートがオープンする前のミッキーとミニーの写真です。

黒の全身タイツのようなシャツに、手袋やショートパンツなどを着用するだけの簡易なコスチューム。

顔のマスクも布を縫い合わせて作られていて、市販で売られている衣装のようですよね。

顔は今のミッキーというよりも、ミッキーのもととなったキャラクターであるオズワルドに近い顔つきをしています。

現在のミッキーとは全く異なる出で立ちなので、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

ミッキーマウスの顔・フェイスの歴史・変化・比較!1955年当時

ディズニーランドがオープンとなった当時も、先ほどと同様に全身タイツのような黒いコスチュームにショートパンツを身にまとうスタイルのまま。

顔は以前よりミッキーらしくなってきていますが、視界を確保するための穴が不自然に空いてしまっています。

目の形は今のミッキーに近い形に変化していますが、この頃はまだ黒目の焦点が合っていないような雰囲気ですよね。

また、顔以外の体は洋服のようなシルエットになっているためか、まだ「人間っぽさ」が残っているような印象を受けます。

実際に当時の子ども達からは怖がられてしまい、中には泣いてしまう子もいたようですよ。

ミッキーマウスの顔・フェイスの歴史・変化・比較!1959年当時

1959年にはトゥモローランドがオープンしましたが、その時は前身のミッキーとは違うミッキーが登場しました。

額が少し狭くなり、また、眉毛の形もマイルドになっていて以前より親しみやすさが感じられます。

このあたりから映画に登場するミッキーに近い顔つきになってきていますよね。

また、顔のマスクも以前まではぬいぐるみのようなソフトな感じのフォームでしたが、この頃から現在のようなハードタイプになっています。

しかし、頭と体のバランスはまだ不自然さが残っています。

ミッキーマウスの顔・フェイスの歴史・変化・比較!1960年当時

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも