ディズニーで働くキャストが写真に写る際、絶対してはいけない禁断のポーズとは?

cyl 2020/08/02 告発 我要评论

夢の国ディズニーランド

来た人をしあわせな世界へと誘ってくれるディズニーランド。

千葉県にある東京ディズニーランドは1983年に開業してからというものの、今なお人々に愛されています。

“ザ・ハピネス・イヤー”で盛り上がる30周年を迎えた際には、東京ディズニーリゾートで働く

キャスト約1,300人を募集する大規模面接会

が行われました。

応募者は5000人!

1,300人も募集だなんて、かなりの大ごとですよね。

面接会はもちろん1日では終わらず、2日間に渡って行われたそうです。

その面接にはおよそ5000人もの応募があったとか・・・!

さすがディズニー、おそるべし!

どうしてキャストになりたいの?

キャストの語源

そもそも、

なぜディズニーランドでは、社員やスタッフなどという言い方をしないのでしょうか。

それには、ウォルトディズニーのこんな考えが基になっています。

東京ディズニーリゾートは、青空を背景にした
巨大なステージ。ここでは観るものすべてが
ショーであり、そこにいらっしゃったお客様は

ショーに参加していただく「ゲスト」、ゲストをお迎えする
スタッフは「キャスト(役者)」と呼ばれます。

園内が巨大なステージであり、常に見られている存在を意識させるためなのですね。

社員ではなく、ひとりひとりがパフォーマーという世界、これはやりがいもありそうです!

キャストの感動エピソードを見ればあなたもきっとキャストの凄さに震えることでしょう!

広い園内で靴をなくした・・・

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
用户评论
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません