【泣ける】ディズニー感動の都市伝説!キャストが起こした泣ける実話を公開!(引用 tosidensetu-story.com)

rui 2020/09/24 告発 コメント

妊娠中の方に対して

ディズニーランドというのは、必ず長い行列が出来てますよね。

私が、ディズニーランドに言った時も、長い行列がたくさんできていました。

その時に、私はお目当てのアトラクションに乗るため、1つの行列に並んだのです。

私の前には、夫婦が並んでいました。

そして、夫婦の順番になった時、キャストさんが、二人しかいない夫婦に向けて

「三名様でよろしいですか?」と聞いたのです。

「何を言ってるんだろう?二人しかいないよね?」と私は思いました。

が、そのようにキャストさんが言ったのは、 夫婦の奥さんのお腹の中に、1つの命があることに気づいていたからなのです!

夫婦も最初は「??」という感じだったのですが、ちょっとして気づいて笑顔で

「はい!三人でお願いします!」

と言っていました。

お腹の中にいる小さな命も、一人と含めてアトラクションにご案内されるディズニーランドって本当に素敵ですよね!

妊娠中にも、ぜひ一度は行ってもらえたらなと思います。

形見の指輪

ディズニーランドのアトラクションの中でも、一番と言っていいほど人気のあるスプラッシュマウンテン。

そんな楽しいアトラクションに、母の形見の指輪を付けながら乗った女性がいました。

女性は、念願のスプラッシュマウンテンに乗れたのがとても嬉しくて、とにかく楽しみました。

「はぁ~楽しかった!」

と言いながらスプラッシュマウンテンを出た女性は、手に違和感を感じたのです。

違和感を感じたので、すぐに見てみると・・・

なんと、女性の指に、先程までつけていたはずの 母の形見である指輪がついていなかったのです!

そうです・・・

スプラッシュマウンテンで遊んでいる最中に、母の形見である指輪が水の中に落ちてしまっていたのです。

水の中に落ちてしまった指輪。

「いくら魔法の国、夢の国だからと言って発見は絶対無理だろう・・・」

一応、キャストの方に伝えてはみましたが、既に彼女は諦めていました。

女性の心を、言いようのない悲しみが襲います。

涙がこぼれ、止まらなくなったのです…

なんとか楽しもうと空元気を出しましたが、結局女性は、気分も晴れぬまま、落ち込んだ状態で家へと帰りました。

悲しみながら眠りについた女性の元に・・・

翌朝、一本の電話が入ったのです。

「誰からだろう?」

出てみるとその電話の相手は、ディズニーランドからでした。

「まさか、指輪があったなんてことじゃないよな、なんだろう?」

まさか・・・とは思いつつ、僅かな期待を胸に、女性は電話に出て

「はい、なんでしょうか?」

と聞きました。

すると、そのまさかだったのです!

「指輪が見つかりましたよ!」

「え?!どうやって見つけたんですか??」

そう聞くとこのような言葉が返ってきました。

「ここは、魔法の国です。」

「・・・あ、ありがとうございます!!」

その日に女性は指輪を受け取りに行きました。

とても素敵なお話ですよね。

ですが、どのように指輪が見つかったのか、この話には裏話があります。

1人の女性の1つの指輪を探すのに、30人もダイバーが水の中に潜ったと言うお話があるのです。

30人ものダイバーが指輪を見つけるために潜るってかなりすごいことですよね。

デイズニーランド、夢の、魔法の国だからこそのお話です。

今はいない子のために

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも