「カップルでディズニーに行くと別れる」が正しい理由

cyl 2020/08/09 告発 コメント

【ご質問】

こんにちは!

私は先日人生初めて彼氏が出来ました!

それで今度彼氏とディズニーに行こうと思っているのですが、ネットで調べると「ディズニーに行くと別れる」というような話をよく見かけます。

彼とは別れたくありません。ディズニーに行くのは辞めた方が良いでしょうか?

【回答】

結論から言うと 「カップルでディズニーに行くと別れる確率が上がる」というのは間違いないと思います。

しかしこれは一般的に言われるような 「待ち時間が長い」「料金が高い」という理由では御座いません。もちろんそれらが全く関係ないとは言いませんが、ディズニーには ディズニーだからこそ起こるある問題が存在するので御座います。

この問題は他のテーマパークではまず起こりません。

ユニバーサルスタジオジャパン、ハウステンボス、志摩スペイン村、ナガシマスパーランド、富士急ハイランド、サンリオピューロランドには存在しないディズニーだけが抱えているある問題が存在するので御座います。

それでは、その問題とは一体なんなのでしょうか?

ディズニーランドと比較されるテーマパークといえば、関西のユニバーサルスタジオジャパンでしょう。

その来場者数はディズニーリゾートの約半分で御座いますが、ディズニーリゾートがランドとシーの合計であることを考えると、ディズニーと匹敵するテーマパークといっても過言ではありません。

ユニバーサルスタジオジャパンの肩を持つつもりは御座いませんが、年々の増加率を見てもユニバーサルスタジオジャパンの勢いはディズニーのそれを凌駕しています。

さて、ここでディズニーの来場者数をより具体的に見てみましょう。

ディズニーのゲスト(来場者数)の詳細はディズニランドを運営するオリエンタルランドのから確認することが可能です。

この資料によるとディズニーリゾートのゲストは年間約3000万人で、その男女比は約3:7。毎年多少の上下は御座いますが、ほぼこの数字で安定しております。

つまり毎年900万人の男性と、2100万人の女性が舞浜へと足を運んでいるのです。

それでは次にその3000万人のより詳しい内訳についてみてみましょう。

まず小人(小学生以下)の比率ですが、小人の割合は毎年約15%(約450万人)で安定しております。

基本的に小学生以下の子供が子供だけでディズニーに来るとは思ませんので、小人の多くは大人とセットと考えられるでしょう。そしてその多くはファミリー客であると考えられますので、小人1人あたり大人が1人として計算をさせて頂きます。

すると子供の引率としてディズニーに来場した大人もまた15%(約450万人)いるという計算になります。

つまりディズニーの来場者3000万人のうち、約30%(900万人)はファミリー客ということになります。そして多少の差はあるかと思いますが、ファミリー客の男女比はほぼ1:1と考えて問題ないでしょう。兄弟のうち女の子だけを連れてディズニーに行くという状況はあまり想定できません。

さて、ディズニーといえば欠かせないのがカップルでの利用。また今回は恋人関係ではないにしても夫婦や男女複合グループでの利用も今回は「カップル」と分類させて頂きます。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも