世界一のサービス!ディズニーの夢を与える16の接客ルール

よう 2020/08/24 告発 コメント

そこで、海外のサイトから、アメリカのディズニーパークで働く人のための「16の ルール」を見つけました。その内容は基本的な身だしなみのルールから、ジョークのきいたものまでさまざま。

もしかしたら、店舗運営に参考になる情報もあるかもしれません!今回は、その「秘密の16のルール」を紹介します。

ディズニーで働くための16の秘密のルール

1:従業員ではなく「キャスト」と呼ぶ

ディズニーパークでは、働いている人のことを「従業員」ではなく「キャスト」と呼びます。これは、ウォルト・ディズニーの「ディズニーパークではお客さまが映画の世界に入り、一緒に感動を作り上げていきたい」という思いがあるから。

また、スタッフそれぞれに配役を与え、テーマに沿った役割を「演じてほしい」という理由もあり、キャストと呼ぶことにしています。来場者のことは「ゲスト」と呼びます。

2:何でも知っておくこと

ディズニーパークでキャストが「わかりません」と言うことは、決して許されません。もしゲストに答えられない質問を聞かれても、インカムでオペレーターに呼びかけ、答えられるように対処する必要があります。

3:ひげを伸ばすのはNG

すべてのキャストはひげを伸ばすことを禁じられており、きちんと剃る必要があります。

4:髪の毛のルール

ディズニーパークのキャストは、男性の髪の毛は襟足まで、女性は髪の毛をきちんととかし、清潔に整えておく必要があります。また、男女ともに眉毛を剃ってはいけないという決まりもあるそうです。

5:サインを書けるようにしておくこと

キャストは、自分が演じるキャラクターのサインを誰が書いても同じになるよう、きちんと練習しておくことが求められます。コスチュームの中には、誰もいない設定にはなっていますが……これは「秘密」のルールのひとつです。

6:身長制限

ディズニーパークでは演じるキャラクターによって、求められる身長が異なります。プリンセスの身長は、5.4~5.8フィート(約164.5~176.8センチ)であることが求められます。

7:ネイルについて

ディズニーパークでは、キャストはマニキュアを塗るなどネイルアートをすることが許されていません。また爪の長さにも決まりがあり、男子は指先より長くするのはNG、女子は1/4インチ(約6ミリメートル)をこえてはいけないとされています。

8:ボディアートについて

ディズニーパークのキャストは、見える部分にタトゥーを入れたり、舌ピアスやイヤーゲージを開けることは禁止されています。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません