【ディズニープリンセス映画】興行収入ランキングTOP17!気になる第1位はあの作品!実写版も!(引用元castel)

Hisasi 2020/11/05 告発 コメント

今回は、「ディズニープリンセス映画の興行収入ランキング」をご紹介します♡

女性の憧れ、ディズニープリンセスが登場する17作品を興行収入でランキングしました。

『白雪姫』からはじまり、実写版『アラジン』までアニメーション版・実写版ともに含めています。

さて、第1位はどの作品なのでしょうか?

ディズニープリンセス映画の魅力

出典:

塔の上のラプンツェル

まず、ディズニープリンセス映画の魅力をお伝えしたいと思います!
ディズニープリンセス映画の魅力はなんといっても、女性の憧れ〝ディズニープリンセス〟が登場することです!

ディズニープリンセスが登場するアニメーション映画は、14作品です。

アニメーション映画一覧


①白雪姫
②シンデレラ
③眠れる森の美女
④リトル・マーメイド
⑤美女と野獣

⑥アラジン
⑦ポカホンタス
⑧魔法にかけられて
⑨ムーラン
⑩プリンセスと魔法のキス
⑪塔の上のラプンツェル
⑫メリダとおそろしの森
⑬アナと雪の女王
⑭モアナと伝説の海
⑮アナと雪の女王2

アニメーション映画に加えて、近年では「実写版」も数々の作品が公開されています。
ディズニープリンセス映画の実写版は、3作品あります。

①シンデレラ
②美女と野獣
③アラジン

さて、これらの作品に登場するプリンセスにはどのような魅力があるのでしょうか?

実はプリンセスは、時代とともに変化しています。

最初のディズニープリンセス映画は、1937年に公開された『白雪姫』です。
『白雪姫』は、世界初の長編カラーアニメーション映画としても有名な作品です!

〝白馬の王子様願望〟の原点ではないでしょうか?
『白雪姫』『シンデレラ』『眠れる森の美女』は、お姫様を王子様が救うという作品です。

そして、『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『アラジン』『塔の上のラプンツェル』の作品になると、夢みるプリンセスからだんだんと自分の意思をもったプリンセスに変化していきます。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも