ディズニーランドを3歳児と楽しもう!入場料やファストパス・アトラクションは?「引用 TravelNote[」

jingwen 2020/11/02 告発 コメント

東京ディズニーランドは4歳から入場料が必要となるので、無料で入園できる3歳以下がお得です。ここでは3歳児が楽しめるディズニーランドのアトラクションや乗り物、ファストパス情報、楽しみ方のおすすめテクニックなどを紹介しましょう。

東京ディズニーランドで3歳児を連れていく理由

小さな子供と一緒に東京ディズニーランドを楽しみたいと思っている方も多いことでしょう。でも、3歳くらいの小さな子供でも楽しめるアトラクションが東京ディズニーランドにはあるのでしょうか。ファストパスの仕組みはどうなっているのでしょうか。ここではそんな方のために、3歳児と東京ディズニーランドを楽しむコツを紹介します。

4歳までは入場料が無料

東京ディズニーランドは入場料が高く、2019年4月現在で大人1デーパスポートの入場料は7400円です。子供の入場料は、東京ディズニーランド・ディズニーシーとも、4歳までは入場料が無料です。4歳からは1デーパスポートの入場料が4800円、2デーパスポートの入場料が8600円になるので、大きな差です。

また土日祝日の午後3時から利用できるスターライトパスポートでも、大人の入場料が5400円に対し、4歳以上の子供の入場料は3500円になります。

平日午後6時から楽しめるアフター6パスポートは、4歳未満の子供は無料ですが、4歳以上は一律4200円の入場料がかかります。入場料が無料の4歳未満の時に東京ディズニーランドへ行くのがお得といえるでしょう。

ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【基本編】

子連れで東京ディズニーランドを楽しむには、入場料が無料になる3歳までの時に入園するとお得です。3歳になるといろいろな乗り物を楽しむことができ、1歳や2歳のときとは違った楽しみ方ができるでしょう。ここでは入場料が無料になる3歳児と一緒に東京ディズニーランドを楽しくテクニックを紹介します。

年齢を確認する証明書はいるの?

東京ディズニーランドの入場料は4歳から有料となります。気になるのは、入場料が無料になる3歳の時に入園すると、年齢を確認する書類が必要になるかどうかという点です。

基本、入園の際には年齢を聞かれることは少ないようです。ただ年齢制限があるアトラクションに乗るときに、年齢を聞かれることはあるようです。そんな時は口頭で答えればよく、年齢を確認する証明書を提示する必要はありません。しかし念のため、保険証など年齢が確認できるものを持ち歩いているといいでしょう。

誕生日シール

東京ディズニーランドでは、キャストからお誕生日シールをもらうことができます。胸や帽子など目立つところに付けておくと、キャストから「お誕生日おめでとう」と声をかけてもらえます。お誕生日シールは、お誕生日当日でなくても大丈夫です。証明書を見せる必要もなく、お誕生日の前後、好きな時にもらうことができます。

ファストパスはどうなる?

東京ディズニーランドのファストパスとは、アトラクションに優先的に乗ることができる仕組みで、待ち時間を大幅に回避することができる楽しみ方です。ファストパスを発行しているアトラクションは限られていますが、上手に利用して効率よく回りましょう。

ファストパスの発券にはパスポートが必要なのですが、入場料が無料になる3歳児はパスポートがありません。気になるファストパスですが、アトラクションに乗る大人のファストパスがあれば大丈夫です。子供には年齢制限や身長制限がありますが、それらをクリアしていれば大人と一緒にアトラクションに乗ることができます。

昼寝対策

3歳児と東京ディズニーランドの楽しみ方で注意したいのが昼寝です。東京ディズニーランドには、授乳室やおむつ替えスペースはありますが、3歳くらいの子供が昼寝をする設備は設けられていません。天気がよければ、外のベンチで昼寝をさせることは可能です。

また3歳以下でまだベビーカーを利用しているのなら、待ち時間にベビーカーで昼寝をさせることもできます。寝ている間に買い物をしたり、パレードを見たりと時間を有効に使いましょう。車で訪れている場合は、一旦外に出て車の中で昼寝をさせてもいいかもしれません。

東京ディズニーランドでは、子供が寝たままでは乗り物に乗ることができません。アトラクションに並んでいる途中に寝てしまたら、そのまま並び続けて順番が来たときにキャストに知らせてください。乗り物によっては、子供が起きたときに優先的に乗れるようにしてもらえます。

お土産は宅配する方法

3歳以下の小さな子供と一緒に東京ディズニーランドを訪れると、どうしても荷物が多くなります。その上、お土産を買うと持ち運びがたいへんです。ロッカーに入れて置く方法もありますが、宅配にしてしまうととても楽です。エントランス付近に宅配センターがあるので、お土産はまとめて配送してしまいましょう。

乗り物の年齢制限や身長制限などを確認

3歳以下の子供を連れて東京ディズニーランドを訪れるとき、楽しみ方で注意したいのが年齢制限や身長制限です。身長制限がなく3歳以下の子供でも乗れるアトラクションはたくさんありますが、人気のビッグサンダー・マウンテンやスプラッシュ・マウンテンなどの乗り物は身長制限があります。

また年齢制限や身長制限がなくても、一人で座って乗れることを条件にしている乗り物もあるので、長い時間並ぶ前に確認することが大切です。

ディズニーランドで3歳児との楽しみ方テクニック【おすすめのアトラクション編】

ここからは3歳児と回る東京ディズニーランドの楽しみ方を紹介しましょう。まず最初に、3歳児と楽しめるおすすめのアトラクションを紹介します。3歳になると「ウエスタンリバー鉄道」や「空飛ぶダンボ」よりも少しスリルのある乗り物に乗りたいと思う子供もいることでしょう。そんなときにおすすめの楽しみ方を紹介します。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも