ディズニーの検温で何度も引っかかる場合の対策とは?帽子や冷えピタを活用しよう!(引用元:disneylife)

cyl 2020/10/27 告発 コメント

検温が高いと入園できない?ディズニーの検温の方法とは?

最近は体温計での測定やサーモグラフィの活用など、様々な方法で検温が行われていますよね!

ディズニーの検温は、エントランスの入り口で行われています。

検温の方法は、キャストさんによるハンディ体温計での測定です。

検温の順番が来たら必ずキャストさんの指示に従いましょう♪

ちなみに体温を測る場所は「おでこ」です!

肌には触れずに約1秒ほどで体温が測定できるようなので、とてもスムーズですね♪

ここで37.5度以上の発熱が確認されるとパークに入園することはできません!

検温に引っかかってしまった場合はどうなるのでしょうか?

検温で引っかかった場合はどうなる?返金?それとも日付変更?

検温に引っかかってしまった場合は、まずは日陰などで一度休憩をします。

体温が落ち着いたなと思ったタイミングで二度目の検温が行えるので、再度キャストさんに体温を測ってもらいましょう!

二度目の検温で引っかかってしまった場合は、残念ですが当日パークに入園することは一切できません。

基本的には返金対応、もしくは日付変更の対応をしてもらうことになります!

次に来れる日付がはっきり分かっている場合は、日付変更を選択しましょう。

日付変更の手続きは自分でしなければならないので注意してください!

日付変更のやり方については、その場でキャストさんが案内してくれるのでしっかり聞いておきましょうね!

次に来れる日付がはっきりしない場合は、返金対応をしてもらいましょう。

返金はその場ですぐにしてもらうことができます♪

安心してパークを楽しむために行われている検温ですが、中には体温がもともと高めの人もいますよね。

日本人の平均体温は36.6度~37.2度。

中には健康な状態でも37.5度という人もいるようです。

さらに、検温する前には直射日光のあたる場所で長時間並ぶ可能性があります。

日光に当たって体温が上がってしまうこともありそうですよね。

何度も引っかかる時の対策:少し休む

高温の場所にいたり直射日光に当たっていた場合、一時的に体温が上がってしまうこともあるようです。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません