ディズニーランドのコロナ感染リスクはどれくらい?ゲストができる対策や注意点まとめ(引用元:disneylife)

cyl 2020/10/27 告発 コメント

ディズニーランドは新型コロナの感染リスクはある?

再開して約1か月半が過ぎるディズニーランドですが、新型コロナウイルスの感染リスクはあるのでしょうか?

ウイルスはどこに潜んでいるのか分からないので、残念ながら「絶対にディズニーで新型コロナに感染しない」とは言い切れません。

感染リスクを抑えて安全にパークを楽しむためには、パークが行っている感染症対策のルールをしっかり守ることが大切です!

1人1人の行動によって、パークでの感染リスクを減らすことができます。

ディズニーランドでは、一体どのような感染症対策を行っているのでしょうか?

ディズニーランドがおこなっている感染症対策とは?

現在ディズニーランドで行われている感染症対策は主に4つです。

①入園者数の制限、入園前の検温

沢山の人が集まるパークですが、現在は入園者数がかなり限定されています。

入園前には1人1人検温も行われていて、37.5度以上の熱が確認された場合は入園することができないようになっているので、感染リスクはかなり抑えられているはずですね!

②十分なソーシャルディスタンスの確保

パークへの入場列、アトラクションや店舗の待ち列には必ずソーシャルディスタンスのシールが貼られており、ゲスト同士の距離が近づきすぎないようになっています。

また、アトラクションやレストランの座席も感覚が開けられているので安心です!

③アルコール消毒の設置

各アトラクションの入り口や、レストランやお土産屋さんの入り口には必ずアルコール消毒が設置されています。

至る所にアルコール消毒が設置されているので、小まめに手を消毒することができますね。

④マスクの着用

パーク内では、基本的にマスクの着用が義務付けられています。

熱中症対策のためにマスクを外すのはOKですが、十分なソーシャルディスタンスを保った上でマスクを外すようにしましょう。

その他、レストランで使い捨てのマスクケースがもらえたり、レジにシールドが設置されていたりと、パーク内の感染症対策はバッチリです♪

夜のお土産屋は要注意!ディズニーランドの3密スポットはどこ?

感染症対策が徹底されているディズニーランドですが、密になりやすい要注意スポットも存在します。

それは、夕方~夜にかけてのお土産屋さん!

店舗内への入場制限は徹底されていますが、お店の中ではゲストが自由に歩き回るため密になりやす環境になっています。

特に皆がお土産を買う夕方~夜にかけては混雑しやすいので、注意しましょう。

感染リスクが高いだけでなく、買い物に時間もかかってしまいます。

お土産を買いたい場合は昼間の内に購入しておくか、オンライン販売を利用することをおすすめします!

パーク内にはコインロッカーもあるので、昼間の内に買ったお土産は一旦ロッカーに預けておくと便利ですよ♪

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも