7人の小人のドーピーが話さない理由【引用じゃみログ】

Teng 2020/10/13 告発 コメント

ディズニー初となる長編カラーアニメーション映画「 白雪姫」。1937年に公開されて以来、不朽の名作として愛され続けています。白雪姫で人気のキャラクターといえば 七人のこびと。それぞれの名前が性格を表しているのは有名ですね。

・ドック(先生)
・ハッピー(ごきげん)
・グランピー(おこりんぼ)
・スリーピー(ねぼすけ)
・スニージー(くしゃみ)
・バッシュフル(てれすけ)
・ドーピー(おとぼけ)

この中に、1人だけ全く喋らないキャラクターがいます。それは ドーピー。実はドーピーが喋らないことには理由があります。一体どのような理由でドーピーは喋らないキャラクターとなったのでしょうか。
 


七人の小人達が歌う ハイ・ホーは多くのアーティストにカバーされるほどの人気曲。愉快で聴いていると元気になれる1曲です。小人達のイメージにぴったり。

さて、そんな元気いっぱいな小人達ですが、たった1人だけまったく喋らないキャラクターが、 ドーピー(おとぼけ)。ドーピーは名前の通りおっちょこちょいなキャラクターですが、まったく喋らないことでさらにそのおとぼけな性格が引き立っています。
 


ドーピーが喋らない理由はとても単純。理由は声優がいなかった為。正確にいうと、彼のイメージにぴったりの声優を見つけることができなかったのです。結果的に、ドーピーは喋らないキャラクターとなりました。

おとぼけなドーピーの声優は、ドーピーに負けないくらいおとぼけな声優でなければ務まらないのかもしれませんね。

引用元:http://blog.jami-ru.com/?eid=855587,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

コメント
好きかも