東京ディズニーランドのチケットを安く手に入れる方法【引用じゃみログ】

Teng 2020/10/13 告発 コメント

2016年4月、ディズニーランド・シーのチケット(パスポート)が値上げされました。一日チケット(ワンデーパスポート)は大人6,900円から7,400円へ500円の値上げです。

例えば、大人2人と中学生2人の家族4人でディズニーランドへ遊びに行く場合、チケット代は次の通り。
7,400円 × 2 + 6,400円 × 2 = 27,600円

駐車場を利用すると、土日祝の場合は3,000円なのでその分追加となります(他にガソリン代も追加でかかります)。
27,600円 + 3,000円 = 30,600円

もしディズニーランドの「クリスタルパレス・レストラン」でブッフェを食べると、13歳以上は大人料金3,090円がかかります。
30,600円 + 3,090円 × 4 = 42,960円

これ以外にもチュロスやポップコーンなどのワゴンフードやお土産などなど、最終的に軽く5万円を超えてしまいます。軽く温泉旅行に行けてしまえる金額です。

せっかくのディズニーランド、とはいうものの少しでも安く費用を抑えたいものですよね。インターネットの検索でもチケットについて「安い」「格安」と検索する人も少なくありません。そこで、ディズニーランド入園の際にチケット代を少しでも安く手に入れる方法はないかピックアップしてみました。チケットを手に入れる方法を1つ1つ確認してみましょう。

ファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」の特典


ディズニーリゾートには「ファンダフル・ディズニー」というファンクラブ制度があります。年会費は3,400円かかりますが、様々な特典がつきます。その1つがチケット(パスポート)の特別価格提供。格安とまではいいませんが、通常価格よりも安くチケットが手に入ります。

大人:7,400円→6,800円
中人(12~17歳):6,400円→5,900円
小人(4~11歳):4,800円→4,400円

大人は600円安くなります。使い方はディズニーランド・シーのチケット窓口で「ファンダフル・ディズニー」のメンバーカードを提示するだけ。年間2回(1回につき5人まで)使うことができます。オンライン販売も利用すれば、さらに2回、合計4回まで使うことが可能です。

先ほどの大人2人、中学生2人の4人家族の例だと、1回で2,200円安くなります。年間2回ディズニーランド・シーに入園するとトータル4,400円も安くなる為、「ファンダフル・ディズニー」の年会費3,400円の元が取れます。

「ファンダフル・ディズニー」はチケット代の値引きの他に会員報やカレンダーなど、様々な特典がついているので、このような家族のケースだと入っていたほうがお得になります。

引用元:http://blog.jami-ru.com/?eid=857526,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも