東京ディズニーシーの“ハロウィーングッズ”を徹底解剖! ダークな雰囲気が堪らない

cyl 2020/07/30 告発 コメント

■スペシャルグッズは約60種類!

東京ディズニーシー「ディズニー・ハロウィーン」イメージ (C)Disney
 東京ディズニーシーの今年のテーマは、“ダークで妖しいハロウィーン”。その中でも目玉と言えるのが、初開催するショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」でしょう。

 ショー内では、ミッキーマウスたちが、海の魔女にだまされ、邪悪な魔王の復活に手を貸してしまうことになります。さらに、ミッキーマウスは、囚われの身に…。ディズニーの仲間たちは、本来の怪しくも華やかなハロウィーンを取り戻すために、海の魔女たちに立ち向かうのです。

 そんな本ショーをモチーフにしたスペシャルグッズが、なんと約60種類も登場します。

ミッキーマウスの「ぬいぐるみバッジ」(1900円) (C)Disney
 やっぱり外せないのが、「フェスティバル・オブ・ミスティーク」の衣装をまとった「ぬいぐるみバッジ」。

 今回の衣装は、中世ヨーロッパの当時の服装をベースにし、海の生き物を連想させるようなモチーフを取り入れているそうです。お気に入りの「ぬいぐるみバッジ」に、ショーの感動と思い出を込めて、持ち帰るのも素敵です。

■プチ仮装が出来ちゃう身につけグッズも

 また、イベント期間中は毎日、ディズニーキャラクターのフル仮装が楽しめる「ディズニー・ハロウィーン」(※制限あり。東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト参照)。

「マント」イメージ (C)Disney

 普段着の上から着用すれば、“プチ仮装”が叶う身につけグッズにも注目です。「マント」を羽織り、「手袋」をつけ、「光るおもちゃ」を持てば、ダークなコスチュームの出来上がり。

深みのあるカラーのティントグロス「リップグロス」(1200円) (C)Disney
 さらに、深みのあるカラーがしっかり色づく「リップグロス」も登場。くちびるをしっかり保湿してくれるティントグロスになっています。ハロウィーンの雰囲気に併せて、ちょっぴりゴシックなメイクで、パークを訪れるのもいいかも!

■ユニークなお菓子も要チェック

「ブルーブレンドハーブティー&ハニーレモンシロップ」(1200円) (C)Disney
 お土産に悩むのも、パークでの楽しみの1つ。ハロウィーンにちなんで、“ダークで妖しい”ハーブティー「ブルーブレンドハーブティー&ハニーレモンシロップ」をお買い物リストに加えるのも良いかも。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません