「衝撃」三浦春馬さん 人知れず〝断捨離〟か LINE、インスタ、そして本名…「引用Yahoo!ニュース」

jingwen 2020/08/01 告発 コメント

動機は今もって謎だが、週刊誌などでは三浦さんが生前に書き残していたノートの一端が報じられている。そこには「死」と向き合う三浦さんの心情の機微が記されていたという。  亡くなって初めて分かることもあった。三浦さんと親交のあった写真家の氏は、先月22日放送のフジテレビ系「」で、4月に三浦さんが突如、LINEアカウントを削除したと明かした。  同氏は「踊れる、歌える役者さんになりたいと言っていて、やっと20代後半の時にキンキーブーツの舞台がきて。自分が発言したことを形にしている。ずっと決心が強い人なので」と故人の人柄を回想。  レスリー氏と三浦さんは誕生日が同じ4月5日で「ここ8年間、必ず毎年、自分らの誕生日に春馬君に誕生日メッセージ送ったり、必ず同じ日に送ってくれたり…」と明かした上で「(今年は)初めて返事がなかった。既読されてないから、忙しいのかなと思って、1週間、2週間以内で送ってくるでしょうと思っていたら、気付いたら春馬君から連絡来ないと。調べてみたら、やりとりがLINE含めて消えた。どうした?と思って…」と告白した。  インスタグラムにしてもそうだ。三浦さんの現在のインスタを見ると、最初の投稿は今年1月1日になっている。だが、三浦さんがインスタを開始したのは2018年6月。つまり、今年以前のものは消されてしまっているのだ。 「当時、ファンの間でも『なぜ?』と話題になりました。本人から削除の理由は明かされませんでした。過去の投稿に、見られたらヤバイものでもあったのでは?と勘繰る人もいますが、私が知る限り、普段通りの明るい内容だったように思います」(30代女性ファン)  ほかにも発売中の「女性セブン」は、三浦さんが亡くなる1か月前に、の姓で長年本名として使っていた姓を手放し、生まれた時の名前である「三浦春馬」に戻していたと報じている。  LINE、インスタ、そして名前――。人知れず断捨離していたのか…。  くしくも三浦さんのセカンドシングル「」のミュージックビデオは、先月24日の公開からわずか4日で再生回数1000万回を突破。現在も異例のペースで伸び続けている。  忘れようにも忘れられない。三浦さんは永遠に人々の記憶に残り続けるだろう。

三浦さんは天国にお祈りいたします。

コメント
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません