「川の主では?」1.7メートルの巨大オオウナギ 度肝を抜く大きさ

Teng 2020/08/12 告発 コメント

テナガエビを餌にして、釣りざおで釣り上げたという大城さんは「水深が40センチくらいの場所でも姿がはっきりと見えていた。手応えがすごくて、10キロぐらいにも感じた」と興奮気味に話した。

 釣ったオオウナギはクーラーボックスに入れ、汀間にある大城さんの実家のいけすに入れられた。情報を聞きつけ、大川から見に来た座覇一弘さん(64)は「このオオウナギは久志地域では最も大きいね。嘉陽川の主ではないか。度肝を抜かれた」と感想を話した。

 オオウナギは背中が黄褐色に黒褐色のまだら模様があり、腹側は黄白色。が変わったためか、餌にされていたテナガエビと仲良く泳いでいた。(玉城学通信員)

引用元:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/614741,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

コメント
好きかも