「涙腺崩壊」ディズニーファンも涙を流すアート展開(引用ananweb.jp)

rui 2020/09/13 告発 コメント

『蒸気船ウィリー』から最新作『モアナと伝説の海』に至るまで、展示数450点を超える『ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法』に熱狂的な声があがっています。

©Disney Enterprises, Inc.

ファンが喜ぶ原画多数!

展示では、ミッキーマウスの公式デビュー作や世界初の長編カラーアニメーション映画『白雪姫』など、1920~30年代初期の作品から見ることができます。

©Disney Enterprises, Inc.

さらには、『ピノキオ』でも使われた当時の3D技術といわれるマルチプレーンカメラによる撮影や、『バンビ』『ダンボ』『ファンタジア』などの製作を通して生まれたディズニー・アニメーションの多様な表現スタイルや技術も紹介。

©Disney Enterprises, Inc.

特に、展示場で貸し出している音声ガイドの評価が高く、ディズニーファンの間からはすでに熱狂的なコメントがあがっています。

美女と野獣好き、山寺さんの声が好きな人は音声ガイド借りるべき!涙腺崩壊した!550円でさんと屋比久さんのガイドが聞けるなんて…観覧中、何度目に涙をためたことか。2日目にして、わんわん物語ポーチが品切れるとは…

時代が進み、90年代に入って手描きのアニメーションとデジタル技術の融合によって生まれた、『リトルマーメイド』『美女と野獣』などのミュージカルスタイルの作品も展示されています。

約90年に渡って、いのちを吹き込まれ続けるディズニーアニメーション。ぜひ足を運んでみてくださいね!

引用元:https://ananweb.jp/anew/105251/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

コメント
好きかも