【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法(引用元castel)

よう 2020/09/16 告発 コメント

こんにちは!ディズニー大好きみーこです。

ディズニーランドがオープンした1983年当初は3,900円だったディズニーの入場料も、2020年現在は8,200円まで値上がり。
なんと、ディズニーの入場料は開園当初よりも4,300円も高くなっているんです。

決して安いとは言えないディズニーの入場料ですが、もし少しでもディズニーチケットを安く手に入れる方法があったら、できるだけたくさんディズニーに遊びに行きたいですよね!

今回は、ディズニーの入場料をを少しでも安くするために、割引のあるディズニーチケットの入手方法や、あまり知られていない裏ワザをご紹介します。
ディズニーの入場料は、年齢や限定期間、お住まいの地域によって割引を受けられることもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

【7/1〜】ディズニー再開後の入場料

ディズニー再開後の入場料

ディズニーランド&シーは、2020年7月1日(水)より再開しました。

しかし、再開したディズニーチケットは、3種類のみとなり、予約購入する必要がありますよ。

再開後のチケットは、「東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト」にて販売中です。

販売されるチケットは、エントランスの混雑緩和のため、入園可能時間が指定されたチケットになります。

名称入園時間大人中人小人1デーパスポート8:00〜8,200円6,900円4,900円入園時間指定パスポート11:00〜7,300円6,100円4,300円入園時間指定パスポート14:00〜6,300円5,400円3,800円

※オープン券、年間パスポート、再来園パスポート等、上記以外のチケットは全て入園不可

それでは、ディズニーの入場料を少しでも安くするための方法を、メジャーなものから、あまり知られていないマイナーなものまで詳しくご紹介します!

ディズニーの入場料を安くする方法①:入園時間による割引

夜景も綺麗

ディズニーの入場料を安くする方法の1つに、丸々1日パークへ行くのではなく、午後から行くことによって割引を受ける方法があります。

今回ご紹介するディズニーチケットは、次の4つです。
各ディズニーチケットは、使える時間や時期に制約がある分、少し安いお値段で買うことができますよ。

(1)入園時間指定パスポート
(2)スターライトパスポート
(3)アフター6パスポート
(4)夏5ウィークデーパスポート

(1)入園時間指定パスポート

2020年7月1日(水)より販売されている「入園時間指定パスポート」。
こちらは、入園時の混雑緩和のために、入園時間が指定されています。

開園時間より遅れて入園可能になるため、1デーパスポートより安く購入することができるんですよ♪

入園時間指定パスポートの値段

【11:00〜】
大人:7,300円(通常料金:8,200円)
中人:6,100円(通常料金:6,900円)
小人:4,300円(通常料金:4,900円)

【14:00〜】
大人:6,300円(通常料金:8,200円)
中人:5,400円(通常料金:6,900円)
小人:3,800円(通常料金:4,900円)

【販売休止】(2)スターライトパスポート

スターライトパスポートは、ディズニーランド・ディズニーシーどちらかのパークに、「土日祝日の15時から」入園できるチケット。
午後からの入園になりますが、大人料金の場合、通常よりも2,000円も安くなります。

スターライトパスポートの値段

大人:6,000円(通常料金:8,200円)
中人:5,100円(通常料金:6,900円)
小人:3,600円(通常料金:4,900円)

◎こんな人におすすめ!

・午後からゆっくり遊びに行きたい方

引用元:https://castel.jp/p/1780,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。jpanyelse@gmail.com

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも